1. TOP
  2. 備える(生命保険・損害保険)
  3. 2021年に地震保険が値上げ改定(3段階3回目)?都道府県別の保険料

2021年に地震保険が値上げ改定(3段階3回目)?都道府県別の保険料

Pocket

地震保険の3段階の改定と直近の改定

地震保険の3段階の改定と直近の改定

記事の解説に入る前にこの記事を読む際の注意点をお知らせしておきます。一般的な損害保険改定の流れは次のとおりです。

  1. 損害保険料率算出機構が改定の必要性について検証
  2. 改定が必要な場合、金融庁長官に改定の届出(2019年5月28日)
  3. 金融庁が適合性審査を実施・終了(2019年6月27日)
  4. 一定の周知期間を経て、改定を実施

【2019年6月29日追記】2019年6月27日に金融庁の適合性審査が完了しました。

今は上記の改定の届出が出された2の段階です。

改定後の掛金(保険料)については届出の内容で進むでしょうがまだすべて確定したわけではありませんのでそのつもりで読み進めてください。

新しい情報が入ったら適宜記事に上書きしていきます。

なお地震保険改定の内容については出典は損害保険料率算出機構による金融庁長官への届出内容によるものです。

この数年で行われた火災保険・地震保険改定の実施時期と予定

地震保険は火災保険に必ず付帯して契約します。そのため地震保険だけでなく、火災保険の改定も大きく関係します。

今後の予定も含めてこれまでの改定時期をみておきましょう。

  • 2014年07月 地震保険改定
  • 2015年10月 火災保険改定
  • 2017年01月 地震保険改定(3段階1回目)
  • 2019年01月 地震保険改定(3段階2回目)

上記がこれまで実施済み、次の2つがこれから実施予定の改定です。地震保険の3回目の実施時期は未定です。

  • 2019年10月 火災保険改定予定
  • 2021年01月?地震保険改定(3段階3回目)

地震保険の3段階の改定の経緯と推移

3段階に分けて地震保険の改定をすることを決めた2015年9月30日の届出では、3回で通算+19%の引上げを見込んでいました。

しかし最終的には下記のように3回通算で+14.7%の引上げとなりました。

地震保険の3段階の改定の経緯と推移

出典:損害保険料率算出機構

予定よりも少なく済んだ背景は2回目の改定で耐震性の高い住宅が普及したことが反映した結果などによるとのことです。

地震保険の主な改定内容、3段階3回目の改定はいつから?2021年?

地震保険の主な改定内容、3段階3回目の改定はいつから?2021年?

主な改定内容

3回目の地震保険の改定内容は次のとおりです。

  • 地震保険の基本料率を全国平均で+5.1%引き上げ
  • 長期契約する際の長期係数の見直し

構造別の最大の引上げ・引下げ率は下記のとおりです。

  • 最大引上げ率 イ構造: +14.6%  ロ構造:+14.7%
  • 最大引下げ率 イ構造: -18.1%  ロ構造:-14.2%

※イ構造:主に非木造 ロ構造:主に木造

マンションや鉄骨造などイ構造の引上げ率が最も高いのは埼玉県で+14,6%、木造では福島県の+14.7%です。

この後都道府県別の掛金についても見ていきますが、全国平均では5.1%値上げとなるものの一部の都道府県では値下げされます。

引下げ幅が最も大きいのがイ構造では愛知県、三重県、和歌山県、ロ構造でも同様です。

2019年1月に実施された3段階2回目の改定では、基本料率の改定だけでなく長期係数(地震保険を長期契約する際の掛け目、つまり割引率)が改定されました。

3回目の改定でも長期係数が再び見直しされます。

地震保険はなるべく長期契約(最大5年)にして、一括払いにすると安くなります。しかしこの係数も改定されるため、地震保険の長期契約をしている人は、都道府県別の改定幅+長期係数改定の影響を受けると考えてください。

具体的に地震保険の長期係数の改定内容は下記のとおりです。

保険期間 改定前 改定後 増減率
2年 1.9 1.9 0.0%
3年 2.8 2.85 1.8%
4年 3.7 3.75 1.4%
5年 4.6 4.65 1.1%

2年では変更がありませんが、3~5年の契約でそれぞれ0.05のせられています。

3回目の改定はいつから?2021年?

地震保険3回目の改定の実施時期ですが、この記事の更新日時点で未定です(届出された内容には記載されていません)。

メディアの報道や一部のWEBサイトなどで2021年といっているところもあるようですが、正式に改定日は見込みも含めて発表されていません。

冒頭お話したように、現在金融庁長官宛てに改定の届出が出されて金融庁の適合性審査が終わった段階です。

そして一定の周知期間1年弱~1年半位の期間を経て改定されます。参考までに3段階1回目・2回目の届出と改定実施の時期をみてみましょう。

  • 3段階1回目 2015年09月30日金融庁長官に届出 2017年01月改定実施
  • 3段階2回目 2017年06月15日金融庁長官に届出 2019年01月改定実施
  • 3段階3回目 2019年05月28日金融庁長官に届出 ???

過去2回は届出から1年数か月~半年くらいの間をあけて改定が実施されました。

確定していませんが、2021年01月に3回目の改定実施と言われることがあるのも頷ける部分があるわけです。

この改定では2019年6月27日に金融庁の適合性審査が終わっていまが。前回(2回目改定)のときは、適合性審査が2017年7月に終了、その年の暮れくらいに損保協会が改定内容を公表しています。

このとき改定日も一緒に公表しているので、2019年年末くらいまでを目処に方向性がでる可能性が高いと考えていいかもしれません。

続けて都道府県別・構造別の改定幅をみてみましょう。

地震保険の改定後の保険料(都道府県、構造別)

地震保険の改定後の保険料(都道府県、構造別)

具体的に改定後の掛金が都道府県別にどう変わるかみていきましょう。

保険期間1年、1,000万円あたりの掛金ですので、実際の契約金額に合わせて具体的な金額を計算してください。

なお、建築年割引等の各種割引や長期契約は考慮していません。

北海道・東北

契約金額1,000万円あたりの保険料(掛金) イ構造(主に非木造)・ロ構造(主に木造)

イ構造

  イ構造
改定前 改定後
北海道 7,800円 7,400円
青森県 7,800円 7,400円
岩手県 7,100円 7,400円
宮城県 10,700円 11,800円
秋田県 7,100円 7,400円
山形県 7,100円 7,400円
福島県 8,500円 9,700円

ロ構造

  ロ構造
改定前 改定後
北海道 13,500円 12,300円
青森県 13,500円 12,300円
岩手県 11,600円 12,300円
宮城県 19,700円 21,200円
秋田県 11,600円 12,300円
山形県 11,600円 12,300円
福島県 17,000円 19,500円

関東

契約金額1,000万円あたりの保険料(掛金) イ構造(主に非木造)・ロ構造(主に木造)

イ構造

  イ構造
改定前 改定後
茨城県 15,500円 17,700円
栃木県 7,100円 7,400円
群馬県 7,100円 7,400円
埼玉県 17,800円 20,400円
千葉県 25,000円 27,500円
東京都 25,000円 27,500円
神奈川県 25,000円 27,500円

ロ構造

  ロ構造
改定前 改定後
茨城県 32,000円 36,600円
栃木県 11,600円 12,300円
群馬県 11,600円 12,300円
埼玉県 32,000円 36,600円
千葉県 38,900円 42,200円
東京都 38,900円 42,200円
神奈川県 38,900円 42,200円

甲信越

契約金額1,000万円あたりの保険料(掛金) イ構造(主に非木造)・ロ構造(主に木造)

イ構造

  イ構造
改定前 改定後
新潟県 7,800円 7,400円
富山県 7,100円 7,400円
石川県 7,100円 7,400円
福井県 7,100円 7,400円
山梨県 10,700円 11,800円
長野県 7,100円 7,400円

ロ構造

  ロ構造
改定前 改定後
新潟県 13,500円 12,300円
富山県 11,600円 12,300円
石川県 11,600円 12,300円
福井県 11,600円 12,300円
山梨県 19,700円 21,200円
長野県 11,600円 12,300円

中部

契約金額1,000万円あたりの保険料(掛金) イ構造(主に非木造)・ロ構造(主に木造)

イ構造

  イ構造
改定前 改定後
岐阜県 7,800円 7,400円
静岡県 25,000円 27,500円
愛知県 14,400円 11,800円
三重県 14,400円 11,800円

ロ構造

  ロ構造
改定前 改定後
岐阜県 13,500円 12,300円
静岡県 38,900円 42,200円
愛知県 24,700円 21,200円
三重県 24,700円 21,200円

関西

契約金額1,000万円あたりの保険料(掛金) イ構造(主に非木造)・ロ構造(主に木造)

イ構造

  イ構造
改定前 改定後
滋賀県 7,100円 7,400円
京都府 7,800円 7,400円
大阪府 12,600円 11,800円
兵庫県 7,800円 7,400円
奈良県 7,800円 7,400円
和歌山県 14,400円 11,800円

ロ構造

  ロ構造
改定前 改定後
滋賀県 11,600円 12,300円
京都府 13,500円 12,300円
大阪府 22,400円 21,200円
兵庫県 13,500円 12,300円
奈良県 13,500円 12,300円
和歌山県 24,700円 21,200円

中国・四国

契約金額1,000万円あたりの保険料(掛金) イ構造(主に非木造)・ロ構造(主に木造)

イ構造

  イ構造
改定前 改定後
鳥取県 7,100円 7,400円
島根県 7,100円 7,400円
岡山県 7,100円 7,400円
広島県 7,100円 7,400円
山口県 7,100円 7,400円
徳島県 15,500円 17,700円
香川県 10,700円 11,800円
愛媛県 12,000円 11,800円
高知県 15,500円 17,700円

ロ構造

  ロ構造
改定前 改定後
鳥取県 11,600円 12,300円
島根県 11,600円 12,300円
岡山県 11,600円 12,300円
広島県 11,600円 12,300円
山口県 11,600円 12,300円
徳島県 36,500円 41,800円
香川県 19,700円 21,200円
愛媛県 22,400円 21,200円
高知県 36,500円 41,800円

九州・沖縄

契約金額1,000万円あたりの保険料(掛金) イ構造(主に非木造)・ロ構造(主に木造)

イ構造

  イ構造
改定前 改定後
福岡県 7,100円 7,400円
佐賀県 7,100円 7,400円
長崎県 7,100円 7,400円
熊本県 7,100円 7,400円
大分県 10,700円 11,800円
宮崎県 10,700円 11,800円
鹿児島県 7,100円 7,400円
沖縄県 10,700円 11,800円

ロ構造

  ロ構造
改定前 改定後
福岡県 11,600円 12,300円
佐賀県 11,600円 12,300円
長崎県 11,600円 12,300円
熊本県 19,700円 12,300円
大分県 19,700円 21,200円
宮崎県 11,600円 21,200円
鹿児島県 19,700円 12,300円
沖縄県 18,400円 21,200円

地震保険の3段階3回目の改定を控えての具体的な対応方法

地震保険の3段階3回目の改定を控えての具体的な対応方法

最後にこの数年頻繁に行われている火災保険と地震保険の改定(全国平均ではいずれも値上げ)と次の改定を踏まえて考えること、することを解説します。

自分の加入している火災保険・地震保険の加入時期と満期時期を把握

最初にすることは現状の把握です。

  • いつ地震保険の加入した?
  • いつ地震保険が満期になる?(改定の前か後か)
  • 次の改定で値上げか値下げか?

早めに情報をキャッチしてこれらのことを確認してください。長期契約している人は単純な改定幅だけでなく、長期係数の改定も織り込んで具体的な数字でみてください。

また長期契約している間に他の改定だあったかも確認しておきましょう。

2019年10月実施見込みの火災保険の改定

この記事は3回目の地震保険改定の記事ですが、2019年秋に火災保険の改定が見込まれています。

火災保険は地震保険のように必ず各社共通内容・同時期に改定を行うわけではありません。しかし掛金だけでなく制度の根幹に関わる改定があると同時期に実施するケースが多いです。

※火災保険の前回改定は2015年10月。掛金だけでなく長期契約できる期間が10年に短縮された(各社共通)

例えば2020年早々に保険契約が満期になる人は、火災保険の改定内容によっては早めに動いた方がいいケースもあります。

仮に2021年1月に地震保険3回目の改定が行われる場合

これまでの値上げ改定とすることは変わりませんが、値上げとなるならその前(2020年12月)までになるべく長期契約かつ一括払いで契約をする前提で動いてください。

値下げになるケースではこれと逆のことをします。値下げする前に長期で契約する意味はあまりないので、短く繋いで改定後安くなったらそれに合わせるかたちにします。

それからもう一つ。

2021年01月に3回目の改定がされる場合、その年の12月に3段階1回目の改定で値上げを5年の長期契約で回避した人も満期がきます。

つまり1回目の改定は2017月ですから、値上げを回避する人は2016年12月末までに契約しています。最長5年にすると2021年12月になるわけです。

やるかどうかはシミュレーション次第ですが、1年前倒しで総合的に安くなるなら検討する価値はあります。

この間他の改定もあるので何とも言えませんが覚えておいてください。試算するだけならタダです。

※こちらにご登録頂くと「Mylife Money Online」の記事だけでは読めないお得なお金の情報を定期的にお届けいたします。

まとめ

2021年に地震保険が値上げ改定(3段階3回目)?都道府県別の保険料、についていかがでしたか。

これで以前より話がでていた火災保険及び地震保険の改定がぼんやりと見えてきました。

自然災害(地震災害含む)や水漏れ事故の増加でこの数年は、火災・地震保険の改定が相次いでいます。

社会保険料や税金の負担増となる中で家計には厳しい状況が続きますが、早めに情報と状況を掴んで検討・対応するようにしていきましょう。

なお、追加情報がでてきたら適宜記事に上書きしていきますのでチェックしてしてください。

関連記事

Pocket

\ SNSでシェアしよう! /

お金の専門家FPが運営するお金、保険、投資の情報メディア|マイライフマネーオンラインの注目記事を受け取ろう

2021年に地震保険が値上げ改定(3段階3回目)?都道府県別の保険料

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

お金の専門家FPが運営するお金、保険、投資の情報メディア|マイライフマネーオンラインの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

平野 敦之

平野 敦之

ひらの あつし

平野FP事務所代表。(CFP ®・1級FP技能士・宅地建物取引士・2級DCプランナー・住宅ローンアドバイザー)。東京都出身。大学卒業後に証券会社、損害保険会社等で実務を経験した後1998年に独立。

・個人のライフプラン、お金の悩みやお困りごとのサポート。
・法人の経営者のお金の悩み、営業を支援。

ファイナンシャルプランナー歴20年以上。相談業務の他TVやラジオ、新聞、雑誌など直近の10年間で200回以上の取材を受ける。同業であるファイナンシャルプランナーに対しても情報提供の執筆や講演を行う。

講演・セミナー活動も大学での非常勤講師や国民生活センターや行政機関、大手企業や団体など幅広い実績を持つ。総合情報サイトAll Aboutにて2003年よりマネーガイドを務め、15年以上に渡り定期的にマネー情報の発信を実施。その他の媒体も含めてWEB上での執筆記事は600本以上。

「お金の当たり前を、当たり前に。」するために、現場の相談を中心業務と考え活動を続ける。

【著書】いまから始める確定拠出年金投資(自由国民社)http://amzn.to/2csBEsM
    
”ファイナンシャルプランナーに相談するには、、、”
http://ファイナンシャルプランナー相談.com

この人が書いた記事  記事一覧

  • 住宅ローンを組んだら地震保険は必須?地震保険活用のための4つの方法

  • 中小企業の役員報酬の平均相場と決め方・変更時期と方法のポイント

  • 【生前贈与機能付き保険】生命保険で生前贈与するメリット・デメリット

  • 消費税増税のキャッシュレス決済とポイント還元制度の対象と仕組み