1. TOP
  2. 備える(生命保険・損害保険)
  3. 【火災保険】損害額の査定方法(建物・家財)と保険金受取りのまとめ

【火災保険】損害額の査定方法(建物・家財)と保険金受取りのまとめ

【火災保険】損害額の査定方法(建物・家財)と保険金受取りのまとめ
Pocket

火災保険の選び方などの情報はよく見ますが、実際に事故(火事や自然災害など)が起きた際のことについての情報は意外とありません。

大きな損害になると損害保険鑑定人の立会いのもとで査定・損害鑑定が行われます。

査定といっても損害の原因は火災・自然災害(水害、土砂崩れ、風災、雪災、雹災など)などさまざまです。また損害保険の中でも火災保険はこのところ支払いが多い分野です。

【この記事のポイント】

  1. 火災保険で事故発生から保険金が支払われるまでの流れ
  2. 目的別(建物・家財)の損害額の査定方法
  3. 火災保険から支払われる保険は2種類
  4. 契約が重複してときの取扱い、火災保険金と税金
  5. 保険金の支払いを考慮しておきたいこと

自然災害や火災などが発生して損害を受けた場合、火災保険(建物や家財)の保険金請求から損害額の査定方法や保険金が支払われるまでの流れについて解説します。

※なお、地震保険については制度が別ですので、査定方法は下記にある記事で解説しています。

Pocket

\ SNSでシェアしよう! /

お金の専門家FPが運営するお金、保険、投資の情報メディア|マイライフマネーオンラインの注目記事を受け取ろう

【火災保険】損害額の査定方法(建物・家財)と保険金受取りのまとめ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

お金の専門家FPが運営するお金、保険、投資の情報メディア|マイライフマネーオンラインの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

平野 敦之

平野 敦之

ひらの あつし

平野FP事務所代表。(CFP ®・1級FP技能士・宅地建物取引士・2級DCプランナー・住宅ローンアドバイザー)。東京都出身。大学卒業後に証券会社、損害保険会社等で実務を経験した後1998年に独立。

・個人のライフプラン、お金の悩みやお困りごとのサポート。
・法人の経営者のお金の悩み、営業を支援。

ファイナンシャルプランナー歴20年以上。相談業務の他TVやラジオ、新聞、雑誌など直近の10年間で200回以上の取材を受ける。同業であるファイナンシャルプランナーに対しても情報提供の執筆や講演を行う。

講演・セミナー活動も大学での非常勤講師や国民生活センターや行政機関、大手企業や団体など幅広い実績を持つ。総合情報サイトAll Aboutにて2003年よりマネーガイドを務め、15年以上に渡り定期的にマネー情報の発信を実施。その他の媒体も含めてWEB上での執筆記事は600本以上。

「お金の当たり前を、当たり前に。」するために、現場の相談を中心業務と考え活動を続ける。

【著書】いまから始める確定拠出年金投資(自由国民社)http://amzn.to/2csBEsM
    
”ファイナンシャルプランナーに相談するには、、、”
http://ファイナンシャルプランナー相談.com

この人が書いた記事  記事一覧

  • 個人の海外旅行や航空券のキャンセル保険(特約)は入るべき?

  • 【マイナポイント】マイナンバーとキャッシュレス決済で25%還元!?(2020年)

  • 【手術給付金】生命保険と医療保険の手術給付金は種類や倍率・金額が重要!

  • 年末調整の還付金はいつ戻る(2019年)、還付金の仕組みとは?