1. TOP
  2. 備える
  3. 保険料値上げ!?築年数別料率で高くなるマンション管理組合の火災保険

保険料値上げ!?築年数別料率で高くなるマンション管理組合の火災保険

Pocket

 マンション管理組合で加入する火災保険とは?

03c30f905eae7203029a80636ffc5ffa_s


マンション管理組合の保険の基礎

マンション全体を一つの火災保険契約でまとめるわけではありません。各所有者が居住(もしくは賃貸に出している)専有部分と共用部分があるためです。そのためマンションの火災保険は次のように契約します。

  • 専有部分 所有者自身
  • 共用部分 マンション管理組合

(管理組合が機能していないなどのケースでは所有者が自分の持ち分の共用部分を含めて契約)

そのためマンションの共用部分の保険については、自分の考え方が必ずしも保険契約に反映されるわけではありません。マンション管理組合での総会の決議などが必要になるからです。

共用部分の火災保険はもっと安い保険にしたほうがよい、あるいは多少高くても補償がしっかりしたほうがよいなどと思っても必ずその通りになるわけではありません。

多数決で自分の考えとは反対の意見が採用されることもあることがマンション管理組合の共用部分の保険の特徴です。多い。

マンション管理組合の火災保険の補償内容

管理組合の共用部分の保険といっても、ベースは火災保険ですから基本的なところは個人で加入する火災保険と大きな違いはありません。箇条書きにしてまとめると次のような補償の構成です。

  1. 建物部分の火災保険の補償(火災、落雷、破裂爆発、風災、雪災、水災など)
  2. 施設賠償責任保険
  3. 個人賠償責任保険
  4. 漏水事故原因調査費用
  5. その他特約

施設賠償責任保険は共用部分からの水漏れなど、個人賠償責任保険は専有部分からの水漏れなどに対応します。水漏れの場合は原因によってどの補償から保険金が出されるかが変わります。

つまり原因が分からないと保険金の支払いを進められませんから、漏水事故原因調査費用の補償は必須です。

 マンション管理組合の火災保険の期間は?

2015年10月に火災保険が改定された関係で、火災保険の保険期間は最長10年に改定されました。管理組合の共用部分の火災保険で10年を超えるような契約はあまりないでしょうが、10年までが最長です。

この後管理組合を取り巻く状況の変化について解説しますが、事故が多いことから保険会社によっては5年程度までの期間でしか契約しないところもでてきています。

 管理組合の保険は積立か掛捨てか

昔は積立マンション保険なども積極的に売られていましたが、最近は損害保険会社自体は積立保険にあまり積極的ではありません(子会社の生命保険に軸を移しているため)。

加えてゼロ金利、マイナス金利もあり、損害保険会社によっては積立マンション保険などは取扱いせず、掛捨てタイプのみのケースもあります。

マンション管理組合の共用部分の保険を取り巻く変化

1af153f3f396005730111141ada44105_s


管理組合の保険の収支悪化の原因

実はここ数年マンションの水漏れ事故が多発していて、損害保険会社の収支が急速に悪化しています。もともとマンションは火災などの事故より水漏れに関係する事故が多いのですが事故が急増しています。

なぜこんなにマンションの漏水が増えたのかというと、答えの一つは供給されているマンションの数です。

80~90年代の景気の良かった時代に大量のマンションが供給されています。下記の図は、新設マンション地域別着工戸数の推移です。96年度(平成8年)からのものですが、現在と比べてかなり数が違うのが分かります。

マンション供給戸数


出典:国土交通省

特に80年代半ばから90年代のはじめの頃はなお更です。つまりこれらの大量供給された時代のマンションが築年数20年、30年、40年と経過して設備も古くなり水漏れ事故が増えているのです。

供給されているマンションの数が多いので、結果として収支の悪化に繋がっています。

マンション管理を適正に行えば事故は減らせますが、マンションも予定通り修繕積立金が貯まっていなかったり、給排水管の更新工事や更生工事ができない管理組合もあるためです。

築年数別料率の導入

損保各社はこれを受けてここ数年、マンション管理組合の共用部分の保険に「築年数別料率」を導入しています。下記は一例です(損害保険会社によって区分は違います)。

  • 築10年未満
  • 築10年以上15年未満
  • 築15年以上20年未満
  • 築20年以上
  • 築25年以上
  • 築30年以上

保険会社によって違いはあるものの築10年以降は5年きざみくらいでベースとなる保険料率を変えています。会社によって築20年以上あるいは30年以上は一律などとしているケースもあります。

新築など築浅の物件は2015年10月改定で割引を適用する損保もでてきているので、新しいマンションの管理組合は問題ありません。

しかし築20年経過するあたりから状況が変わってきます。2015年10月の火災保険海底で管理組合の築年数の経過したマンションの保険料率をかなり値上げしました。

そのため保険契約を不可にしていた損保も契約の引受けを再開したところもあるようですが、損保によっては築年数の古いマンションの契約をしないケースはあります。

マンション管理組合の共用部分の火災保険の最新情報

227ff441f136677ca9fa9b61b41c4eb1_s


契約の引受け基準

これはすでにお話したように各社バラバラです。保険契約としては最も重要なところですが、契約の引受け基準をオープンにする保険会社はありません。

「築年数」、「新規契約」か「継続契約」かなどによって各社動きが変わります。

実務的には個別に打診をしていくかたちになります。いずれにしても築年数の古いマンションは保険料が上昇傾向であること、場合によっては保険契約の引受けの問題が生じることを覚えておいてください。

築年数が経過していても保険料が安くなる可能性の保険(日新火災 マンションドクター火災保険)

残念ながらまだ日新火災(マンションドクター火災保険)1社のみですが、管理状態に応じて保険料率に差を設ける管理組合の保険が発売されています。いわゆるリスク細分型の管理組合の保険です。

事前にマンション管理士が管理状態をチェックしてその評点に応じて保険料が変わる仕組みです。築年数が古いマンションでこの評点が良好であればあるほどかなり有利な保険料が提示されます。

生命保険などでいうと、高齢だけど健康だからその分保険料を高くしないというようなイメージです。

築年数が20年、30年、40年などと経過して、この診断の評点が高ければ、保険料はかなり安くなります。

マンション管理組合、共用部分の火災保険のこれからと対策

937f4505e22297d4123617619e36feb0_s


 

マンション管理組合の共用部分の保険の動向

管理組合の共用部分の火災保険について、築年数20年近くになったらある程度早めの準備が必要です。マンション本来の寿命などを考慮してもこうした傾向はこれからも続くことが予想できます。

対応策としては適正なマンション管理を継続して行うことが重要です。管理組合の収入源は限られています。銀行にお金を預けてもリスクを取らないとほとんど殖やすことができない状況で、コスト削減は大きな命題です。

マンション管理組合の共用部分の保険の対策

築年数が経過して水漏れ事故などが増えてくるタイミングで、保険料が高くなったり、契約を断られたりするのでは大変です。

  • 適正なマンション管理
  • 管理組合の保険の業界動向の収集(保険会社、管理会社、マンション管理士など)
  • 保険の改定動向にアンテナを立てる

記事内で再三お話しましたが、適正なマンション管理を早期にしていくことは大きな命題です。

何でも業者任せにせず、無駄がないか管理組合の中できちんとチェックしていかなければなりません。これは各所有者が共有して持たなければならない認識です。

業界動向や管理組合に関わる保険も状況が変わっていきますから、色々な関係者から意識して情報を集めてください。その意味では保険選びはもちろん管理会社などをどう選ぶのか、マンション管理の運営をどのように行っていくかはとても重要です。

具体的な対策

築年数の経過したマンションは保険料がアップするケースが多くなりますが具体的な対策を考えてみましょう。

  • 保険金額(契約金額)、付保割合の見直し
  • 補償内容、免責金額設定の見直し
  • 長期契約の検討

マンションの保険金額には一定の幅があるので、この幅の範囲を確認しつつ、全焼などが起きにくいマンションの特性を考慮して付保割合も検討しましょう。必ずしも契約金額に対して100%の割合で契約しなければならないわけではありません。

同時に不要な補償がないか、軽微な損害なら自己負担の金額を設定すれば保険料を節約できることもあります。また長期契約にすることで保険料に割引がききます。

まとめ

マンション管理組合の保険はかなり状況が変わってきましたがいかがでしたか。

住まいは大切な生活の中心基盤です。ここに安心して暮らせる状態になっていないと生活そのものが落ち着きません。

資産価値の維持、自分や家族の安心した居住空間を確保するために、面倒くさがらずに当事者意識を持ってマンション管理に関わってください。

関連記事

Pocket

\ SNSでシェアしよう! /

お金の専門家FPが運営するお金、保険、投資の情報メディア|マイライフマネーオンラインの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

お金の専門家FPが運営するお金、保険、投資の情報メディア|マイライフマネーオンラインの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

平野 敦之

平野 敦之

ひらの あつし
平野FP事務所代表。(CFP ®・1級FP技能士・宅地建物取引士)。東京都出身。大学卒業後に証券会社、損害保険会社等で実務を経験した後1998年に独立。FP歴19年。


・個人のお金の悩みやお困りごとのサポート。
・法人の経営者のお金の悩み、営業を支援。

TVやラジオ、新聞、雑誌など直近の10年間で200回以上の取材を受ける。同業であるファイナンシャルプランナーに対しても情報提供の執筆や講演を行う。

講演・セミナー活動も大学での非常勤講師や国民生活センターや行政機関、大手企業や団体など幅広い実績を持つ。総合情報サイトAll Aboutにて損害保険ガイドを務め、約14年に渡り定期的にマネー情報の発信を実施。その他の媒体も含めてWEB上での執筆記事は500本以上。

現場の相談を中心業務と考え活動を続ける。

【著書】いまから始める確定拠出年金投資(自由国民社)http://amzn.to/2csBEsM
    
”ファイナンシャルプランナーに相談するには、、、”
http://ファイナンシャルプランナー相談.com

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【基礎控除/38万円・33万円】確定申告・年末調整に必要な基礎控除まとめ

  • 死後離婚/相続や遺族年金、子供の権利は?死後離婚のメリット・デメリット

  • 給与所得控除の基礎と上限、早見表からの計算方法を簡単に解説

  • 公的年金等控除(年金控除)とは?控除額の計算や年齢、条件を解説