1. TOP
  2. お金を増やす方法とコツ/初心者が比較的安全にはじめる投資

お金を増やす方法とコツ/初心者が比較的安全にはじめる投資

Pocket

確実にお金を増やす方法は基本的には3つしかない

お金を増やす3つの基本原則

お金を増やすには基本原則は3つだけです。まずはここをしっかり覚えてください。

  1. 収入を増やす
  2. 支出を減らす
  3. お金を育てる(貯蓄・投資)

安全性を重視するならお金はほとんど増えません。逆に収益性を求めれば、求めるほどそれに応じたリスクが発生します。はっきり言いますがお金を増やすのに魔法はありません。

短期間で極端に大きく増やしたいならギャンブルに近いことをするしかありません。片方に大きく振れたものは、反対側にも大きく振れるのです。

お金を増やすのか、殖やすのか?

お金を増やすと殖やすの違い

この記事を読み進める前に改めて確認して頂きたいのが、そもそもお金を「増やす」のか「殖やす」のかどちらでしょうか。

自分の中でお金を少しでも増やしたい、その増やすが貯めるということと同じ意味なら家計を管理すること、無駄な支出を減らすことなども含めて関連記事を先に読んでください。手順としてはこちらが先です。

  • 忙しい、時間がない
  • よく分からない、難しい
  • お金がない

投資に限らず何かをはじめるときにやらないときのよくでる言葉が上記の3つです。はじめのハードルを引き上げ過ぎるとはじめられません。着実な一歩から自分のペースではじめましょう。

お金を増やす方法を確実にするには学ぶこと

お金を増やすために必要なこととは?

収入(稼ぎ)を増やすことはこの記事のメインではないので細かいところは割愛しますが、キャリアを積み重ねる、起業している人なら売上を上げるなどです。

副業可能な会社ならそうしたことにチャレンジしてみるのもありでしょう。必要があれば自分の将来のキャリアや事業に投資することも必要です。

お金を増やす方法とコツになぜ学びが必要か?

なぜお金を増やす方法に学びが必要か?

無駄な支出を減らしたり、投資してお金を育てていくのも大なり小なり「学び」が必要です。「投資はよく分からない」、「損したら大変」、「何からはじめたらいいか分からない」など色々と耳にします。

知らないこと、未知のこと、知識のないことなどは、どんなことでも「漠然とした不安」がありますし、あって当然です。

お金のことはこれに加えて、失敗すると損をする、自分のお金が減ってしまうということがあるので、漠然とした不安に恐怖感が乗ってくるので尚更です。

お金のことに近いものだと医療や健康情報などでも自分の命に係わることですから似たところがあります。

漠然と不安なのであれば、認識できる課題に変えればいいのです。それは学びから少しずつ解消していくしかないのです。

同じように学ぶにも、人によってそこにかけられるものが違います。具体的には「時間」と「お金」です。時間を使って自分で学んでいけば、お金はかかりません。

逆にお金を使って専門家から色々吸収すれば時間をかけずに済みます。

敢えてこの中間を提示するなら、無料で相談できる専門家に聞くという方法があります。その代わりに何らかの営業行為を受けるかもしれませんが、そういうものだと割り切っていれば、それはそれでありでしょう。

初心者でも確実にはじめられる投資の考え方

投資は難しくてどうしたらいいか分からない、お金が減ったらどうしようなど、初心者の人は色々考えてしまうことが多いでしょう。

しかし当たり前ですが、誰でも最初ははじめてです。仕事でも家事でも同じことが言えるのです。例えば以下のようなこと。

  • いま仕事をしていて何年か経験のある人、最初からいまと同じスキルと経験で仕事ができていましたか?
  • 自炊している人、はじめて料理をしたときに今と同じように手早く料理ができましたか?

経験のない人に会社の命運のかかる大きな取引を任されることはないでしょう。料理も失敗しながら上手くなったはずです。お金を殖やすための投資もこうしたことと何ら変わりません。

なんの経験もないのに自分の貯蓄全額を価格変動の大きい金融商品を一気に買うのは、極端な話ですが自分の保有資産のすべてを競馬の1回のレースに全額賭けるのと同じようなものです。

損してもいいお金などは誰にもないでしょうが、少額でコツコツ投資をはじめることはできます。少しずつでも自分のペースで経験を積んでください。経験は最高の学びです。

長期の積立て分散投資とは?

リスクを承知でまとまった資金を短期的な売買で投資する方法も、初心者にはまったく勧めませんがそういう方法もあります。しかしはじめての人なら長期での積立分散投資から

はじめるといいでしょう。

長期の積立て、ここまでは普段している積立預金と変わりません。違うのは資金を振り向ける対象が預金だけではなく、世界全体幅広くということです。

世の中には経済成長が今一つの国もあれば、成長著しい国もあります。投資対象も株式や債券、不動産など世界中に幅広くあります。これらを少しずつ買っていくのです。

初心者がはじめやすいのはここからです。

個人型の確定拠出年金(iDeCo・イデコ)

お金を増やす方法、確定拠出年金

長期の積立分散投資も視野を広げると仕組がいくつかあります。将来の(60歳以降)年金資産を作るなら個人型の確定拠出年金(iDeCo・イデコ)があります。

税制上の優遇措置がかなり充実しているので、年金資産を作るなら現在これ以上の方法はありません。確定拠出年金のメリットとデメリットを理解してお金を増やしてください。

会社員で企業型の確定拠出年金に加入できる人はすでにはじめているはずです。このような人は運用する投資対象を改めて考えてみてください。

また勤務先が企業型の上乗せでマッチング拠出や個人型の確定拠出年金(いずれか選択適用)を導入した場合は積極的に活用してください。

つみたてNISA(ニーサ、少額投資非課税制度)

お金を増やす方法、つみたてNISA

確定拠出年金は、老後の資産形成が目的ですが、もう少し早い段階での資産形成を考えている人も多いでしょう。

確定拠出年金ほどではありませんが、投資して増えた儲けが非課税となる制度にNISA(ニーサ)があります。

確定拠出年金と並んで活用したい制度ですが、2018年からこの積立版が新たな制度としてはじまります。2017年10月より口座の受付がはじまっています。

もちろん何でもいいことだらけではないので、メリット・デメリットをよく理解する必要があるのは確定拠出年金と同じです。

確定拠出年金もNISAも失敗した、やらない方がいいなどという情報も見かけます。繰り返しますが、これらの制度にはデメリットもあります。

それを知ってやるのとやらないのでは違うということです。デメリットも知らずにはじめるのは、運転の仕方も分からないのに自動車の運転するようなものです。

繰り返し学びが必要と言っていますが、専門家のように何度も知っている必要はありません。はじめるのに最低限のことが分かっていればいいのです。

自動車の運転も免許は必要ですが、レーシングドライバーになる必要はありませんよね。これと同じです。

まとめ

お金を増やす方法とコツ/初心者が比較的安全にはじめる投資、についていかがでしたか。

お金は人生を豊かにするためのものの一つです。そのために使うのです。だから知らずに損をしないように賢くお金貯める、賢くお金を増やすことが大切です。

耳触りのいいうまい儲け話などそうはありません。ネットやSNSがあるのでこうした話も拡散しがちですが、自分がより稼いで、より無駄を減らし、よりお金を増やせるように

はじめの一歩を踏み出してください。

関連記事

Pocket

\ SNSでシェアしよう! /

お金の専門家FPが運営するお金、保険、投資の情報メディア|マイライフマネーオンラインの注目記事を受け取ろう

お金を増やす方法とコツ/初心者が比較的安全にはじめる投資

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

お金の専門家FPが運営するお金、保険、投資の情報メディア|マイライフマネーオンラインの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

平野 敦之

平野 敦之

ひらの あつし
平野FP事務所代表。(CFP ®・1級FP技能士・宅地建物取引士)。東京都出身。大学卒業後に証券会社、損害保険会社等で実務を経験した後1998年に独立。FP歴18年。


・個人のお金の悩みやお困りごとのサポート。
・法人の経営者のお金の悩み、営業を支援。

TVやラジオ、新聞、雑誌など直近の10年間で200回以上の取材を受ける。同業であるファイナンシャルプランナーに対しても情報提供の執筆や講演を行う。

講演・セミナー活動も大学での非常勤講師や国民生活センターや行政機関、大手企業や団体など幅広い実績を持つ。総合情報サイトAll Aboutにて損害保険ガイドを務め、約13年に渡り定期的にマネー情報の発信を実施。その他の媒体も含めてWEB上での執筆記事は500本以上。

現場の相談を中心業務と考え活動を続ける。

【著書】いまから始める確定拠出年金投資(自由国民社)http://amzn.to/2csBEsM
    
”ファイナンシャルプランナーに相談するには、、、”
http://ファイナンシャルプランナー相談.com

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【孤独死保険とは?】大家向けの孤独死・孤立死対策保険の比較のツボ

  • お金を増やす方法とコツ/初心者が比較的安全にはじめる投資

  • 保険料の平均(生命保険)は月額いくら?年代別にみる保険料の相場と目安

  • 年末調整・保険料控除申告書の記入例つき書き方と計算式(2017年)