1. TOP
  2. 確定拠出年金を活かす運用方法と商品、失敗を減らすコツ

確定拠出年金を活かす運用方法と商品、失敗を減らすコツ

Pocket

確定拠出年金の運用方法をわかりやすく解説する


確定拠出年金の運用方法をわかりやすくお話する前に、特に初めての人、あまり調べずにはじめた人は改めて確認しておいてほしいことがあります。

それは確定拠出年金の特徴です。この制度は老後(60歳以降)の年金資産を作る制度です。60歳までは資金の引出ができません。

単に預金の代わりということだと目的違いになる可能性があるので注意してください。

また運用して利益がでたら、その儲けは非課税です。運用方法や運用商品については後からその配分や割合は変更することができます。

確定拠出年金と運用方法

確定拠出年金の運用方法で最も効率的なのは、それなりのリターンが期待できる運用商品で運用することがコツの一つです。

その理由ですがリターンが期待できるということは運用益が上がる可能性があるわけです。利益がいくらでてもここに税金がかからないためです。

さらにそれを運用に回すことができます。運用に対するリスク許容度や年齢などによってリスクのある資産への配分が少なくなる人もいるでしょう。

考え方の基本の一つはここですので、よく覚えておいてください。

加えてそうした投資信託などで運用方法を決めたとき、もう一つのコツは投資信託の手数料が安いものを選ぶということです。なかにはかなり手数料(運用管理手数料・信託報酬)が高いものがあります。

確定拠出年金の利益確定

確定拠出年金の運用では、運用益が非課税になるのはすでにお話したとおりです。但し、運用益というのは売却しなければ利益が確定しません。

自分の資産状況の増減はネットなどでも確認できますが、これはあくまで今の時点で売却したらいくらの利益という評価益です。

どのくらい運用益が上がっているかにもよるでしょうが、状況によってはいくらか売却して利益を確定するという方法もあります。

全部では駄目なのかいう声が聞こえてきそうですが、駄目とは言いません。しかし売却した後にまた他の商品で運用しなければなりません。

売却した運用商品はすでに高値でしょうから、全額売却してこれでまた再度全額運用するわけにはいきません。様子を見る意味も含めて、一定割合売却することも一つの方法ではあります。

商品から考える確定拠出年金の運用


確定拠出年金の運用商品には、「元本確保型商品」と「元本変動型商品」があります。前者は預金や保険が中心です。後者は株式や債券などの投資信託です。

確定拠出年金の運用商品

確定拠出年金でリターンを期待できる運用商品となると、元本変動型商品になります。先ほども説明しましたが、元本変動型商品では特に信託報酬(運用管理費用)などの手数料が低いものを選んでください。

個人型のiDeCo(イデコ)なら、自分で加入する金融機関を選べますので、商品選び以前に金融機関選びが重要です。

運用商品のランキングって参考になる?

どんなものでも商品の選択で分からないことがあると、ランキングなどを見たくなります。

確定拠出年金でも商品ランキングなどで検索する人がいるようですが、個別の商品自体のランキングはあまり参考になりません。

なぜなら加入している金融機関(運営管理機関という)によって確定拠出年金の運用商品が違うからです。

仮にランキングがあってそこに気に入った運用商品があっても、自分が加入している金融機関で取り扱っていなければ意味がありません。

個人型のiDeCo(イデコ)ならまだ自分で加入する金融機関を選べますが、企業型では勤務先が一括して契約するため自分では選ぶことはできません。

確定拠出年金を上手に運用するテクニックとコツ(配分変更・スイッチング)


確定拠出年金の運用方法は、一度はじめたらある程度は放置・ほったらかしの運用でも大丈夫です。

年に1~2回報告書が届くタイミングや忘れにくい日を決めてネットで数回確認する位でも十分です。

チェックしてみたら、利益確定するあるいは毎月の運用商品や配分を変える、貯まった資産を違うもので運用するなどの場合は変更することも運用方法の一つです。

確定拠出年金の配分変更

「配分変更」とは、毎月の掛金で運用する商品の配分比率を変更することです。例えば毎月2万円の掛金で運用しているとします。

【変更前】

  • 運用商品A 50%
  • 運用商品B 30%
  • 運用商品C 20%

【変更後】

  • 運用商品A 30%
  • 運用商品B 20%
  • 運用商品D 50%

というように、毎月の掛金で運用する商品の配分比率を変えます。

注意事項としてこの配分変更は、運用方針そのものの変更です。長期運用の確定拠出年金で、目先の事情で頻繁に配分変更するのは、もともとの主旨を狂わすことになります。

運用に慣れてきたので、もう少し積極的に運用する商品に変更したいなど、明確な理由があれば構いませんが、目先の価格の動きに振り回されて変更することは控えましょう。

確定拠出年金のスイッチング

「スイッチング」とは、運用・保有している商品を売却あるいは解約した後で、他の運用商品に変更することをいいます。

上記の例と同じように毎月2万円の掛金で確定拠出年金をした結果5年間で150万円の年金資産があったとします。

【変更前の年金資産】

  • 運用商品A 75万円
  • 運用商品B 45万円
  • 運用商品C 30万円

【変更後の年金資産】

  • 運用商品A 50万円
  • 運用商品B 45万円
  • 運用商品C 0万円
  • 運用商品E 25万円
  • 運用商品F 30万円

投資信託は、運用中に信託報酬(運用管理費用)がかかります。他に運用商品によって売却した際に手数料(信託財産留保額)がかかることがあります。そのような運用商品だと売却するたびにコストがかかるので注意が必要です。

また売却したら次の運用商品で新たに運用することになります。資金をまとめて投入することになるので、どのような商品で運用するかよく方向性を吟味してください。

運用方法における個人型と企業型の違い


個人型の確定拠出年金(iDeCo)

iDeCo(イデコ)の場合には、加入の際に金融機関を自分で探して、自分で選ばなければなりません。はじめに最も手間がかかりますが、面倒に思わずにしっかり金融機関を選んでください。

この金融機関にも口座管理費用などを支払います。かかるコストは一律ではないのでこれもできれば、コストが割安なものからみてください。

後から金融機関の変更可能ですが、さらにお金と手間がかかります。はじめによく調べて検討しましょう。

企業型の確定拠出年金

企業型の場合、自分で金融機関(運営管理機関)を選ぶことができません。その手間はかかりませんし、口座の管理費用などは勤務先負担になっていることが多いです

それはいいのですが、自分の運用にあった商品がない金融機関で加入することになると最悪です。

投資信託のコストが安いものを中心に検討してください。結構手数料が高いものが混ざっていることがあるので要注意です。企業型の場合、良くも悪くも金融機関を自分で選んでいないため、よく見ない人も結構います。

また勤務先で上乗せの確定拠出年金となるマッチング拠出か個人型の確定拠出年金(いずれか一方を勤務先で選択適用)を導入しているケースもあります。

強制加入ではありませんが、家計上問題なければ活用してください。

まとめ

確定拠出年金を活かす運用方法と商品、失敗を減らすコツ、についていかがでしたか。自分の運用方針と資産配分を決めて、それにあった金融機関を選び(個人型)、低コストな運用商品を選択します。

年に1~2度程度は資産状況をみて、必要なら配分変更やスイッチングも活用しましょう。もちろんある程度の放置・ほったらかしの運用方法もありです。

関連記事

 

Pocket

\ SNSでシェアしよう! /

お金の専門家FPが運営するお金、保険、投資の情報メディア|マイライフマネーオンラインの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

お金の専門家FPが運営するお金、保険、投資の情報メディア|マイライフマネーオンラインの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

平野 敦之

平野 敦之

ひらの あつし
平野FP事務所代表。(CFP ®・1級FP技能士・宅地建物取引士)。東京都出身。大学卒業後に証券会社、損害保険会社等で実務を経験した後1998年に独立。FP歴18年。


・個人のお金の悩みやお困りごとのサポート。
・法人の経営者のお金の悩み、営業を支援。

TVやラジオ、新聞、雑誌など直近の10年間で200回以上の取材を受ける。同業であるファイナンシャルプランナーに対しても情報提供の執筆や講演を行う。

講演・セミナー活動も大学での非常勤講師や国民生活センターや行政機関、大手企業や団体など幅広い実績を持つ。総合情報サイトAll Aboutにて損害保険ガイドを務め、約13年に渡り定期的にマネー情報の発信を実施。その他の媒体も含めてWEB上での執筆記事は500本以上。

現場の相談を中心業務と考え活動を続ける。

【著書】いまから始める確定拠出年金投資(自由国民社)http://amzn.to/2csBEsM
    
”ファイナンシャルプランナーに相談するには、、、”
http://ファイナンシャルプランナー相談.com

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【生前贈与】税金を非課税にする生前贈与のポイントと絶対に必要な注意点

  • 保険金の税金(相続税・所得税)は受取人も重要!保険金受取りのツボ5選

  • 相続税の非課税枠と非課税財産はいくら?

  • 【財形貯蓄制度とは?】非課税や金利のメリットからみる合う人・合わない人