1. TOP
  2. 【iDeCo・個人型確定拠出年金】金融機関の比較の前に重要な1つのこと

【iDeCo・個人型確定拠出年金】金融機関の比較の前に重要な1つのこと

 2017/03/27 殖やす
 
Pocket

個人型の確定拠出年金「iDeCo(イデコ)」は、取扱い金融機関(運営管理機関という)を自分で比較・検討して選び、契約しなければなりません。

個人型の確定拠出年金(iDeCo)では、金融機関の比較やランキング、おすすめなどを見る前にしなければならない重要なことが1つあります。

個人型確定拠出年金の契約前に最初にしておくべき大切なことや金融機関の変更や破たん時の手続きなどを解説します。

※確定拠出年金制度では「運営管理機関」と言いますが、この記事では金融機関と記載します。

個人型確定拠出年金(iDeCo)の取扱い金融機関(運営管理機関)とは?


本来、運営管理機関という名称ですので、確定拠出年金の運営・管理を行うところです。企業型の確定拠出年金では、勤務先が契約するので加入者自身は金融機関の比較などの必要はありません。

しかし個人型の確定拠出年金(iDeCo)では、自分でこれらの金融機関の中から自分に合うところを選んで契約する必要があります。

金融機関(運営管理機関)にはどんなところがある?

金融機関と呼ばれるようなところは、確定拠出年金の取扱いをしています。具体的には次のようなところです。

  • 銀行(都銀、地銀など)
  • 信託銀行
  • 信用金庫
  • 労働金庫
  • 証券会社
  • 保険会社(生保・損保)
  • 確定拠出年金取扱いの専門会社  など

このように銀行系・証券系・保険系、専業の会社などが取扱いをしています。

金融機関なら個人型の確定拠出年金(iDeCo)を取り扱っている?

ほとんどの金融機関で確定拠出年金の取扱いが可能ですが、すべての金融機関がiDeCoの取扱いをしていません。また取扱いをしているケースでも、力の入れ具合がかなり違います。

さらに事務手数料や商品構成、運用手数料などはまったく違いますから、どこで加入しても一緒という考えは捨ててください。

金融機関を選びや比較(ランキングやおすすめの見方)でお得になるポイント


金融機関を選んだり、比較したりする際のポイントをいくつか確認してみましょう。

  • 口座管理手数料が安いか(毎月かかるため)
  • 運用商品の構成が自分の運用スタンスにあっているか(数より内容が重要)
  • 投資信託で運用する時にかかるコストが安いか(信託報酬)
  • コールセンターやWEBサービスの使い勝手

個人型の確定拠出年金(iDeCo)の受付をしている金融機関の比較のポイントは、このようなところです。個別に確認します。

口座管理料が安いか(運営管理機関の事務手数料)

個人型の確定拠出年金(iDeCo)は、金融機関で口座を開設するとき、利用中、年金受取時に手数料がかかります。具体的には次のとおりです。

  • 加入時 口座開設時   2,777円
  • 開設中 運営管理手数料 月々167円+α
  • 受取時 給付事務手数料 受給の都度432円

比較が必要なのは、真ん中の運営管理手数料です。どの金融機関でも月々167円は必ずかかります。但し異なるのは+αのところです。

一定条件下で0円のところから、500円弱かかるところまであります。たかが数百円ですが、毎月ずっとかかることを考えると重要なポイントです。

特に元本確保型商品を運用の中心に考えている人はよく覚えておいてください。

運用商品の構成

各金融機関によって、運用する商品の内容や数が違います。大きく分けると、以下の2つになります。

  • 元本確保型商品(預金、保険)
  • 元本変動型商品(各種投資信託)

ある程度年金資産を殖やそうとするなら、元本変動型が中心になります。株式型・債券型・これらの国内・国外、またはこれらのバランス型など実にさまざまです。

数はあった方がいいのは確かですが、自分の運用スタイルにあったものがあるかどうかをみてください。

運用商品にかかる費用「信託報酬(運用管理費用)」

確定拠出年金の投資信託では、運用中に必要な信託報酬(運用管理費用とも言う)が重要です。

これは運用中に掛かるコストです。商品によっては換金時に「信託財産留保額(解約手数料みたいなもの)」が必要なケースがあります。

確定拠出年金には、信託報酬が確定拠出年金の外で一般に投資信託を購入するよりも安いものがあるのです。なかには0.25%を切っているものもあります。

高いものだと1.5%を超えるものもあります。積み上がっていく資産にかかるものですから資産運用上は非常に大事なことです。

コールセンターやWEBサービスの使い勝手

個人型確定拠出年金(iDeCo)の資料を金融機関から取り寄せると、整理されていて見やすいものと、そうでもないものがあることに気づきます。

積極的な金融機関はWEBに情報を出していますから、こういうところも見ておきましょう。コールセンターの対応も含めて比較の絶対条件ではありませんが必要なところです。

個人型確定拠出年金(iDeCo)の金融機関のおすすめや比較の前に重要なたった1つのこと


この記事の本題ともいうところですが、金融機関のおすすめや比較(ランキングなど)の前に重要なところをお話します。

それは自分の投資スタンス、つまりどのような方向性の資産運用をするか、どう資産配分を行うか決めてから比較を行うということです。

投資知識の少ない人にはいきなり無理!と言われそうですが、確定拠出年金を活用すためのここがポイントです。

なぜなら金融機関と個人型確定拠出年金(iDeCo)の契約をしたら、運用できる商品がその段階で決まってしまうからです。

すでにお話したように事務手数料や商品構成、または運用コストは金融機関ごとに違います。例えば先進国の株式投資信託を運用商品に組み入れたいと考えたとします。

しかし契約した金融機関では、こうした商品で良い商品がない、あるいは投資コスト(信託報酬)高いものしかなければ自分の考えている運用が効率的にできません。

契約できる金融機関は一つだけですから、最初が肝心なのです。どのように資産を配分して運用するかよく考えてください。

百歩譲って投資スタンスが決まっていない場合には、後々柔軟に対応できそうな金融機関を選択しておくことも方法の一つです。

まずは投資の方向性を決めてください。そうでなければ目的地を確認せずに飛行機のチケットを買うようなものです。

個人型確定拠出年金(iDeCo)の金融機関は変更できるのか?


個人型確定拠出年金(iDeCo)で一度契約した金融機関は、後から変えることは可能です。具体的にみていきましょう。

iDeCoの金融機関の変更手続き

iDeCoの加入先を変更する場合、新しく契約する金融機関(運営管理機関)から「運営管理機関変更届」を取り付けます。

iDeCo金融機関を変更するデメリット

金融機関の変更はできますが、デメリットの方が多いので注意してください。変更をすることで、現在の金融機関で運用している投資商品を現金化します。

つまりこのとき運用資産が値下がりしていれば、資産が減る可能性があります。また変更による資産を移すよりなどが発生するため、すべての変更手続き完了までに約2~3ヶ月程度必要になります。

当然その間は資産運用が止まります。こうしたことがあるので、金融機関の変更は頻繁にすることではありません。

面倒でも最初の段階でよく調べて、おすすめやランキングなどを見て比較検討した上で金融機関を選んでください。

個人型確定拠出年金(iDeCo)の金融機関(運営管理機関)が経営破たん・倒産したら?


金融機関で契約というと、銀行や証券会社、生命保険会社の経営破たんや倒産を考える人もいるでしょう。その場合の取扱いを確認しましょう。

金融機関(運営管理機関)が経営破たん・倒産したときの取扱い

確定拠出年金制度で金融機関(運営管理機関)経営が破綻したり倒産した場合、加入者ごとの年金資産は信託財産として分別管理して保護されています。実は安心して大丈夫です。

金融機関の経営破たん時の銀行預金や保険商品などの注意点

その他で知っておきたいのが、金融機関が経営破たんした場合、預金や保険商品は預金保険機構・生命保険契約者保護機構の取扱いと同じになります。

つまり預金なら元本1,000万円とその利息、生命保険なら責任準備金の90%です。つまり確定拠出年金の外で契約するものと扱いが同じですから、銀行預金中心の運用で十分だという人は、確定拠出年金の外で預金している銀行と同じ金融機関にはしないという選択も覚えておいてください。

まとめ

【iDeCo・個人型確定拠出年金】金融機関の比較の前に重要な1つのこと、についていかがでしたか。

投資スタンスを事前に決めるといいましたが、そのためには少し投資の勉強をしたりすることも必要になります。

企業型の確定拠出年金では、会社が金融機関と契約してくれます。自分の投資スタンスにあっているならいいのですが、そうでない場合は好きなところを選ぶことができません。

個人型確定拠出年金(iDeCo)では、自分であれこれしなければならない手間はありますが、自由に好きなところを選ぶことができます。

日々の節約も大切ですが、この入り口を間違えるとそんな節約した分が吹き飛んでしまうこともあるので、慌てずにじっくり確認して進めてください。

関連記事

Pocket

\ SNSでシェアしよう! /

お金の専門家FPが運営するお金、保険、投資の情報メディア|マイライフマネーオンラインの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

お金の専門家FPが運営するお金、保険、投資の情報メディア|マイライフマネーオンラインの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

平野 敦之

平野 敦之

ひらの あつし
平野FP事務所代表。(CFP ®・1級FP技能士・宅地建物取引士)。東京都出身。大学卒業後に証券会社、損害保険会社等で実務を経験した後1998年に独立。FP歴18年。


・個人のお金の悩みやお困りごとのサポート。
・法人の経営者のお金の悩み、営業を支援。

TVやラジオ、新聞、雑誌など直近の10年間で200回以上の取材を受ける。同業であるファイナンシャルプランナーに対しても情報提供の執筆や講演を行う。

講演・セミナー活動も大学での非常勤講師や国民生活センターや行政機関、大手企業や団体など幅広い実績を持つ。総合情報サイトAll Aboutにて損害保険ガイドを務め、約13年に渡り定期的にマネー情報の発信を実施。その他の媒体も含めてWEB上での執筆記事は500本以上。

現場の相談を中心業務と考え活動を続ける。

【著書】いまから始める確定拠出年金投資(自由国民社)http://amzn.to/2csBEsM
    
”ファイナンシャルプランナーに相談するには、、、”
http://ファイナンシャルプランナー相談.com

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【生前贈与】税金を非課税にする生前贈与のポイントと絶対に必要な注意点

  • 保険金の税金(相続税・所得税)は受取人も重要!保険金受取りのツボ5選

  • 相続税の非課税枠と非課税財産はいくら?

  • 【財形貯蓄制度とは?】非課税や金利のメリットからみる合う人・合わない人