1. TOP
  2. 備える(生命保険・損害保険)
  3. 備える(年金・介護)
  4. 【厚生年金から国民年金】への切り替え手続きと【国民年金から厚生年金】

【厚生年金から国民年金】への切り替え手続きと【国民年金から厚生年金】

【厚生年金から国民年金】への切り替え手続きと【国民年金から厚生年金】
Pocket

転職や退職で厚生年金から国民年金へ切り替え手続き、あるいは国民年金から厚生年金へ切り替えすることがあります。将来の年金受給に関わることなので重要なことです。

■この記事で学べること

【1】厚生年金から国民年金への切り替え手続き

【2】国民年金から厚生年金への切り替え手続き

厚生年金と国民年金あるいは逆の場合の切り替え手続きについてファイナンシャルプランナーが解説します。

※こちらにご登録頂くと「Mylife Money Online」の記事だけでは読めないお得なお金の情報を定期的にお届けいたします。

厚生年金から国民年金への切り替え手続き

厚生年金から国民年金への切り替え手続き

日本国内に住む20歳以上60歳未満の人で厚生年金保険に加入していない人は、国民年金の「第1号被保険者」または「第3号被保険者」になります。

厚生年金から国民年金に変更・切り替えということは、

  • 会社員や公務員から自営業者・フリーランスになる
  • 配偶者の扶養に入る              などのケースでしょう。

それぞれケースに応じた手続きが必要になります。

厚生年金から国民年金(第1号被保険者)への切り替え・加入手続き

国民年金への切り替えで第1号被保険者の場合は次の窓口で手続きが必要です。

  • 手続き先 :住所地の市区役所または町村役場に本人か世帯主
  • 必要書類等:基礎年金番号通知書または年金手帳等(基礎年金番号を明らかできるもの)
  • 提出期限    :退職日の翌日から14日以内

厚生年金から国民年金(第3号被保険者)への切り替え・加入手続き

第3号被保険者は配偶者の扶養に入っているので、その配偶者が勤務する勤務先で厚生年金から国民年金の手続きをしてください。

配偶者に勤務先に確認するように伝えてください。

なお、日本国内に住む20歳以上60歳未満の人で厚生年金保険に加入していない人は国民年金に加入するといいました。

第3号の場合はさらに次の要件に該当している人になります。

  • 厚生年金保険に加入している配偶者に扶養されていて原則として年収が130万円未満の人

年収が130万円未満でも、厚生年金保険の加入要件にあてはまる場合は、厚生年金保険及び健康保険に加入することになります。

日本年金機構 厚生年金保険の加入要件

2022年10月1日からパート・アルバイトの社会保険加入が段階的に拡大されていくのでチェックしておいてください。

国民年金から厚生年金への切り替え手続き

国民年金から厚生年金への切り替え手続き

国民年金から厚生年金の切り替え手続き

国民年金から厚生年金への切り替え加入手続きは、勤務先の企業等が年金事務所へ届出を行います。

そのため被保険者本人が市役所や区役所などの窓口で何か手続きする必要はありません。

保険料についても国民年金保険料は厚生年金保険料から支払いになります(給与天引き)。厚生年金から国民年金に切り替えるときのような手間はありません。

国民年金保険料と厚生年金保険料が重複した場合

月払いで国民年金保険料を支払っていた場合、厚生年金への切り替えのタイミングによっては保険料の納付が重複することがあります。

他にも国民年金保険料を年払いしている場合も重複することがあります。

これら場合、後日年金事務所から還付の案内が届きますから、それに従って還付の手続きを行います。

まとめ

厚生年金から国民年金、逆に国民年金から厚生年金に切り替える手続きはそれぞれすることが異なります。

国民年金になる場合、第1号被保険者か第3号被保険者になるかですることが変わります。

難しいことではありませんが、将来の年金の支払いに繋がる重要な手続きなので間違いの内容にしてください。

また第3号被保険者でも2022年10月および2024年10月に実施の社会保険適用拡大で該当する人はこの点にも注意しましょう。

※こちらにご登録頂くと「Mylife Money Online」の記事だけでは読めないお得なお金の情報を定期的にお届けいたします。

関連記事

Pocket

\ SNSでシェアしよう! /

お金の専門家FPが運営するお金、保険、投資の情報メディア|マイライフマネーオンラインの注目記事を受け取ろう

【厚生年金から国民年金】への切り替え手続きと【国民年金から厚生年金】

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

お金の専門家FPが運営するお金、保険、投資の情報メディア|マイライフマネーオンラインの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

平野 敦之

平野 敦之

ひらの あつし

平野FP事務所代表。(CFP ®・1級FP技能士・宅地建物取引士・2級DCプランナー・住宅ローンアドバイザー)。東京都出身。大学卒業後に証券会社、損害保険会社等で実務を経験した後1998年に独立。

・個人のライフプラン、お金の悩みやお困りごとのサポート。
・法人の経営者のお金の悩み、営業を支援。

ファイナンシャルプランナー歴20年以上。相談業務の他TVやラジオ、新聞、雑誌など直近の10年間で200回以上の取材を受ける。同業であるファイナンシャルプランナーに対しても情報提供の執筆や講演を行う。

講演・セミナー活動も大学での非常勤講師や国民生活センターや行政機関、大手企業や団体など幅広い実績を持つ。総合情報サイトAll Aboutにて2003年よりマネーガイドを務め、15年以上に渡り定期的にマネー情報の発信を実施。その他の媒体も含めてWEB上での執筆記事は600本以上。

「お金の当たり前を、当たり前に。」するために、現場の相談を中心業務と考え活動を続ける。

【著書】いまから始める確定拠出年金投資(自由国民社)http://amzn.to/2csBEsM
    
”ファイナンシャルプランナーに相談するには、、、”
http://ファイナンシャルプランナー相談.com

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【団信特約はつける・つけない?】住宅ローン団信特約の必要性の基準

  • 【厚生年金から国民年金】への切り替え手続きと【国民年金から厚生年金】

  • 年末調整の還付金はいつ戻る(2022年)、還付金の仕組みとは?

  • 【出産育児一時金】増額改正42万→47万とは?~2023年度から