1. TOP
  2. 自賠責保険・原付/期限切れの対応や料金、入り方、必要なものを解説!

自賠責保険・原付/期限切れの対応や料金、入り方、必要なものを解説!

LINEで送る
Pocket

自賠責保険・自賠責共済は、運行するすべての自動車・バイクに加入することが義務付けられている強制保険です。原付(原動機付自転車)なども当然対象になります。

自賠責保険は期限切れなどで無保険になると罰則もあります。

自動車やバイクは車検があるため(自賠責がないと車検は通せない)、自賠責保険の加入を忘れたり、期限切れになることは通常ありませんが原付は別です。

自賠責保険について、原付にスポットを当ててポイント(期限切れ、保険料、入り方、加入に必要なものなど)をまとめて解説します。

原付の自賠責保険が期限切れした場合の対応


原付の場合、車検がないため自賠責保険の更新を忘れがちです。もちろん自賠責保険の満期があるので、損害保険会社などから案内はあります。

しかし名義変更をしないままにしておくと、保険会社は現在の所有者に連絡が取れません。期限切れの場合の罰則や対処を確認します。

自賠責保険の期限切れ、無保険の場合の罰則

自賠責保険が無保険になると次の罰則があります。

  • 未加入で運行した場合        1年以下の懲役または50万円以下の罰金
  • 自賠責保険(共済)の証明書の不所持 30万円以下の罰金
  • 無保険での運転           違反点数6点、免許停止処分

なお、自賠責保険を無保険で原付に乗っていて対人賠償事故を起こした場合、仮に任意の自動車保険の加入があっても保険金は支払われません。

ここを勘違いしている人が多いので注意してください。自賠責保険の期限切れの状態で原付に乗れるということはありません。相手のへの損害賠償が自腹になります。

自賠責保険の期限切れの対処

自賠責保険が期限切れの状態で事故を起こしたら対処も何もありません。すぐに加入する手配をしてください。損害保険会社はもちろんコンビニなどでも加入することができます。

自賠責保険・原付の保険料(料金)はいくら?


自賠責保険の保険料(料金)は、2017年4月から改定されます。原付の場合には、全車種平均では保険料が引き下げとなります。

具体的に自賠責保険の原付の保険料(料金)は、改定前・改定後で次のようになっています。

2017年3月までの保険料(料金)本土用

12ヶ月 7,280円
24ヶ月 9,870円
36ヶ月 12,410円
48ヶ月 14,890円
60ヶ月 17,330円


2017年4月以降の保険料(料金)本土用

12ヶ月 7,500円
24ヶ月 9,950円
36ヶ月 12,340円
48ヶ月 14,690円
60ヶ月 16,990円


原付の場合には、保険期間によって値上げ、値下げ両方のケースがあります。長期で契約するほど保険料はお得になります。

36ヶ月以上であれば、2017年4月以降は保険料は値下がり改定となります。

原付の自賠責保険の入り方、加入先(コンビニなど)、必要なもの


入り方

自賠責保険の場合は任意の自動車保険と違いますので、等級の継承や制度はありません。必要な書類を持参して、取り扱い窓口などで申し込むだけで入ることができます。

加入先

自賠責保険は強制保険などで契約漏れがあっては困ります。最近では窓口も多様化しています。

  • 損害保険会社
  • 保険代理店
  • バイクショップ
  • 銀行・郵便局
  • コンビニ    など

法律で定められた強制保険ですから、加入窓口が違うことで保険料が変わったり、補償内容に違いがでるわけではありません。

違う損害保険会社であっても、自賠責保険は同じものです。

必要なものや書類

原付の自賠責保険に必要なものは、原付の車両情報(車台番号や登録番号など)が分かる自動車検査証が必要です。

新規ではなく、更新(他社契約含む)の場合は現在の自賠責保険の証明書も持参しましょう。保険料の支払が現金になる場合は、現金の用意も必要です。

原付で注意したい自賠責保険の更新と無保険


自賠責保険の契約は原付自体について回る

自賠責保険で注意しておきたいのは、保険が自動車やバイク、原付について廻るということです。任意の自動車保険は、保険は契約者について廻ります。

そのため自動車や原付を手放しても契約は自分のところにありますから、新しい自動車や原付がきたら自分のところにある自動車保険に新しい自動車や原付を入れるだけです。

自賠責保険は自動車や原付に保険がついて回るので、原付を手放したら自賠責保険の契約も自分の手元から離れます。

自分名義にしておかないと満期案内が届かないことがある

友人知人などから原付を譲渡して貰った場合、自賠責保険は原付について回るので前の持ち主が加入した自賠責保険がそのまま満期までついています。

ところが譲渡した後、自賠責も名義変更をしていないと保険会社では誰が契約者か分かりませんので満期案内を送ることができません。

記事の最初にお話したように原付には車検がありませんから、自分で自賠責保険などの管理はしっかりやらないと無保険状態で原付に乗ることになります。

自賠責の無保険での事故と損害賠償

期限切れのパートでお話したように、自賠責保険が無保険で事故を起こすと任意の自動車保険からは1円も保険金が支払われません。

ちなみに被害者については、政府の保障事業に請求することで自賠責保険と同様の保障がされます。

では無保険で大丈夫ではないかと考える人もいるでしょうが、政府の保障事業から被害者に支払をすることで、被害者に変わって国から損害賠償請求がきます。

死亡や後遺障害などの甚大は人身事故が起きたら、自費ではほぼ難しいでしょう。無保険であることを軽く考えないようにしてください。

まとめ

自賠責保険・原付/期限切れの対応や料金、入り方、必要なものを解説!、についていかがでしたか。

原付は気軽に乗れるため生活の足で使う人も多いでしょう。自賠責保険については、記事で解説したように、契約漏れや期限切れになる可能性も自動車などに比べると高いため注意しなければなりません。

自賠責保険は対人賠償事故のみが対象で補償にも限度額があり、無制限などはありません。そのため任意の自動車保険に契約(もしくはファミリーバイク特約利用)も検討してください。

関連記事

LINEで送る
Pocket

\ SNSでシェアしよう! /

お金の専門家FPが運営するお金、保険、投資の情報メディア|マイライフマネーオンラインの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

お金の専門家FPが運営するお金、保険、投資の情報メディア|マイライフマネーオンラインの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

平野 敦之

平野 敦之

ひらの あつし
平野FP事務所代表。(CFP ®・1級FP技能士・宅地建物取引士)。東京都出身。大学卒業後に証券会社、損害保険会社等で実務を経験した後1998年に独立。FP歴18年。


・個人のお金の悩みやお困りごとのサポート。
・法人の経営者のお金の悩み、営業を支援。

TVやラジオ、新聞、雑誌など直近の10年間で200回以上の取材を受ける。同業であるファイナンシャルプランナーに対しても情報提供の執筆や講演を行う。

講演・セミナー活動も大学での非常勤講師や国民生活センターや行政機関、大手企業や団体など幅広い実績を持つ。総合情報サイトAll Aboutにて損害保険ガイドを務め、約13年に渡り定期的にマネー情報の発信を実施。その他の媒体も含めてWEB上での執筆記事は400本以上。

現場の相談を中心業務と考え活動を続ける。

【著書】いまから始める確定拠出年金投資(自由国民社)http://amzn.to/2csBEsM
    快適!マンションライフは保険で決まる(住宅新報社、共著)

この人が書いた記事  記事一覧

  • 公務員の個人型確定拠出年金(iDeCo)とは?加入手続きや限度額まとめ

  • 住宅ローン固定金利/35年の固定金利とは?はじめての固定金利の比較解説

  • 確定拠出年金の相談窓口はどこがおすすめ?相談前に知るべき5つのこと

  • 公正証書遺言/証人の責任や要件は?必要な費用・報酬・手数料・書類まとめ