1. TOP
  2. 殖やす(資産運用)
  3. 積立投資の王道ドルコスト平均法のデメリットとリスク、活用法3選

積立投資の王道ドルコスト平均法のデメリットとリスク、活用法3選

Pocket

ドルコスト平均法とは?その内容と由来

ドルコスト平均法とは?

ドルコスト平均法をわかりやすく説明すると

ドルコスト平均法とは、一定期間・一定金額で同じ投資商品を定額購入で買う投資手法のことです。常に購入量ではなく、「一定金額」を購入し続けるところがポイントです。

投資商品は価格が上がったり、下がったりするので一定金額を購入し続けると価格が上がった時は量を少なく、下がったときには量を多く購入します。

これによって投資商品の購入単価を平準化する効果があるので、購入単価の平均値が有利になるとされています。

ドルコスト平均法、英語「dollar cost averaging」

投資にかかるリスクを分散するためには、次の2つの分散画必要です。

  • 時間(購入のタイミング)の分散
  • 投資対象の分散

資金をまとめてある時期に集中、ある一つの投資対象に集中投資した場合、当たったときには大きな成果になるますが、逆の場合には大きなダメージです。

毎月積立投資で購入するドルコスト平均法では、購入タイミングによる時間分散はできていますので幅広い投資対象で実施すれば分散効果が高くなります。

逆にリスク分散しているので、短期間で大儲けするような投資手法ではありません。その意味では投資の初心者向け、あるいは資産をじっくり時間をかけて育てていきたい人に向いている方法です。

由来と意味

ドルコスト平均法は、英語では「dollar cost averaging」です。言葉の意味はこれを見てわかるようにそのまま直訳です。

ドルコスト平均法のメリット・デメリットとリスク

ドルコスト平均法のメリット・デメリットとリスク

ドルコスト平均法は、積立による時間分散効果に投資信託などで株式や債券、REIT(不動産投資信託)、国内だけでなく海外の投資対象も含むような商品であれば銘柄分散による分散効果も期待できます。

毎月継続して一定金額を積立することで、購入単価を平準化する効果があります。一度はじめると毎月機械的に購入していくので、その後購入者はあまりすることはありません。

筆者は確定拠出年金やつみたてNISAなどの記事の中である程度の放置・ほったらかし運用と言葉を使っています。

長期的な資産形成の主旨を理解していれば目先の価格変動にあまり振り回されなくなるからです。

これを気休め(その場限りの安心)と言われている方もいらっしゃいますが、確かに気休めにもなると考えます。相場の暴落に巻き込まれてオロオロすることが少なくなるからです。

メリット

長期の積立投資をする人はドルコスト平均法を利用することになります。特にはじめて投資をする人は短期での集中投資をするのに比べれば価格の変動には振り回されにくくなりますから、その意味ではメリットです。

(長期の積立投資の主旨や意味を理解していることが必要)

リスクとデメリット

その反面、ドルコスト平均法にもリスクやデメリットなど注意しておくことがあります。具体的には次の3点です。

  • 売却時(換金時)の相場の影響を受ける
  • まとまった投資資金がある人の投資機会のロス
  • 投資コスト

ドルコスト平均法は、決して万能ではありません。価格が高いときにも安いときにも購入します。極論な話、相場が暴落するタイミングが何度もあって、売却するときに相場が暴騰しているイメージを持ってください。

ここ10年程度の話でいうとリーマンショックのようなことがあって、アベノミクス相場に乗って売却できた人は利益がでています。

しかし売却する際に下げ相場に入っていると、ドルコスト平均法で積立投資をしても必ずしも期待した投資収益が上がるときは限りません。

つまり購入をしているときが上昇相場で売却時に下落している相場にぶつかるとマイナスのリターンもありえます。

例えば確定拠出年金が、原則60歳から受取ることができて、最大70歳まで(10年間)年金を受け取るタイミングをずらすことができるのはこうしたことにも対応しているのです。

ドルコスト平均法は、売却するときのタイミングのリスクを考えておく必要があります。

2つ目はまとまった投資資金がある人の投資機会のロスです。

ドルコスト平均法は、一定期間における長期の積立投資を前提にしています。時間分散や銘柄分散をかけるので、短期間に大儲けするものではありません。

まとまった投資資金を持ちリスクがあってもいいという人にとっては、ドルコスト平均法の手法はリスクあるいはデメリットだともいえます。正しくは短期の集中投資をする機会ロスです。

積立ではなく相場が下がったときに買い、上がったときは売るというスタンスでリスクを取る人向きではありません。

3つ目は投資信託などでドルコスト平均法の積立投資をする際のコストです。確定拠出年金やつみたてNISAの登場でノーロードタイプで運用管理費用(信託報酬)の安い投資信託も増えてきました。

そうしたものであれば大きな影響はありませんが、手数料の高いものでドルコスト平均法による積立投資をすると、毎月購入するので手数料もその都度かかります。

投資対象(購入する金融商品)を選別すれば避けられるリスクですが覚えておきたいポイントです。

ドルコスト平均法の計算方法

ドルコスト平均法の計算方法

ドルコスト平均法が、定額購入の投資方法と説明しましたが、定量購入の場合と比較して計算方法がどのように変わるのか先ほどの図を使って比較してみましょう。

ドルコスト平均法、英語「dollar cost averaging」

ドルコスト平均法は、定額を購入していきますから10,000円で発売された投資信託があったら毎月10,000円ずつ定額で購入していきます。そのため毎月購入する口数(量)が変わります。

これに対して定量購入する手法は、定量購入しますから毎月1口購入していきます。そのため毎月購入する額が変わります。

この10ヶ月の場合、ドルコスト平均法では約16.67口購入できていますが、定量による購入は10口の購入となります。

このように計算していくと購入できている量、そして単価が長い期間で大きく変わってきます。

ドルコスト平均法のシミュレーションは金融機関やネット証券などのWEBサイトにツールがあるので試算などをしてみたい人はそうしたものを利用してみてください。

ドルコスト平均法の活用方法

ドルコスト平均法の活用方法

ドルコスト平均法の活用必要なことをチェックしておきましょう。

長期の積立分散投資

つみたてNISAや確定拠出年金

売却するときの戦略

ドルコスト平均法は積立投資の基本です。特にはじめて投資をする人にははじめやすい投資手法です。その主旨は積立分散投資です。

高いリスクがあっても短期の一点集中を考える人だと趣旨が合いません。

金融機関で投資信託などを購入してはじめるのもありですが、税制優遇があることを考えるとつみたてNISAや確定拠出年金を優先する方が先です。

まずはここから検討してみてください。売却時に下げ相場などになっているとしばらく様子を見ることも必要になります。

かつかつの資金の中で投資をしていると売却の戦略にも余裕がなくなりますので無理のない範囲で投資してください。

まとめ

積立投資の王道ドルコスト平均法のデメリットとリスク、活用法3選、についていかがえでしたか。

ドルコスト平均法のリスクやデメリットについて、特に投資初心者の人は、売却のタイミングの見極めがこの手法の活用の鍵になります。

積立投資して育てた資産をいつどのようなタイミングで使うのかを考えておくことがポイントです。

投資信託などの場合にはリバランスなどもしておくと相場変動の影響を小さくすることができます。

※こちらにご登録頂くと「Mylife Money Online」の記事だけでは読めないお得なお金の情報を定期的にお届けいたします。

関連記事

Pocket

\ SNSでシェアしよう! /

お金の専門家FPが運営するお金、保険、投資の情報メディア|マイライフマネーオンラインの注目記事を受け取ろう

積立投資の王道ドルコスト平均法のデメリットとリスク、活用法●選

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

お金の専門家FPが運営するお金、保険、投資の情報メディア|マイライフマネーオンラインの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

平野 敦之

平野 敦之

ひらの あつし
平野FP事務所代表。(CFP ®・1級FP技能士・宅地建物取引士)。東京都出身。大学卒業後に証券会社、損害保険会社等で実務を経験した後1998年に独立。FP歴20年。



・個人のお金の悩みやお困りごとのサポート。
・法人の経営者のお金の悩み、営業を支援。

TVやラジオ、新聞、雑誌など直近の10年間で200回以上の取材を受ける。同業であるファイナンシャルプランナーに対しても情報提供の執筆や講演を行う。

講演・セミナー活動も大学での非常勤講師や国民生活センターや行政機関、大手企業や団体など幅広い実績を持つ。総合情報サイトAll Aboutにて損害保険ガイドを務め、約14年に渡り定期的にマネー情報の発信を実施。その他の媒体も含めてWEB上での執筆記事は550本以上。

現場の相談を中心業務と考え活動を続ける。

【著書】いまから始める確定拠出年金投資(自由国民社)http://amzn.to/2csBEsM
    
”ファイナンシャルプランナーに相談するには、、、”
http://ファイナンシャルプランナー相談.com

この人が書いた記事  記事一覧

  • ライフプランシミュレーションのおすすめは?自分でライフプランを作る方法

  • 保険の相談窓口(生命保険・医療保険・がん保険)のおすすめの選び方

  • 積立投資の王道ドルコスト平均法のデメリットとリスク、活用法3選

  • 持病保険(引受基準緩和型保険)の契約前に知っておきたい5選