1. TOP
  2. 払う(税金・年末調整、確定申告)
  3. 副業の税金対策と確定申告/ばれる、ばれない?確定申告のやり方と必要書類

副業の税金対策と確定申告/ばれる、ばれない?確定申告のやり方と必要書類

Pocket

確定申告・副業の税金はいくらから払う?

確定申告・副業の税金はいくらから払う?

最初に結論をお話すると「副業による収入が20万円以下」であれば確定申告をする必要はなく税金も支払わないで済みます。

詳細はこの後解説していきますが、副業という言葉がでてきている段階でこの記事を読んでいる人は会社員で給与所得を得て生活していることが本業であることを前提にしてください。

本来、税金の話をする上で「副業」という区分の所得があるわけではありません。どのような所得を得ているかがポイントです。

所得の種類を理解する

会社員の給与所得と書きましたが、お金を得る方法によって「所得」は10種類に分けられます。それぞれの所得によって税金のかかり方が違います。

具体的には次の10種類の所得があります。

  • 利子所得
  • 配当所得
  • 不動産所得
  • 事業所得
  • 給与所得
  • 退職所得
  • 山林所得
  • 譲渡所得
  • 一時所得
  • 雑所得

副業についてまずはここを理解しておく必要があります。

どんな副業をしているかがポイント

例えば、単に副業といっても次のように所得を得る方法はさまざまです。

  • コンビニなどでのアルバイト、日雇い仕事など勤務先以外で給与をもらう
  • 賃貸不動産経営による家賃収入
  • 株式投資やFXなどによる投資の収入
  • 転売やブログの運営によるアフェリエイトなどの広告報酬
  • 副業として小規模ながら事業をはじめた

副業で20万円以下は確定申告不要だとお話しました。不動産の家賃収入や投資による収入であれば、そもそも勤務先の副業の概念に当たるのかという問題があります。

小さなマンションを購入して住んでいたが、一戸建てを購入して引越し、マンションを人に貸すことにしたなどは別に珍しいことではないでしょう。これは投資もしかり。

特に副業の税金について確定申告については、アフェリエイト報酬や事業をはじめて報酬があるなどのケースを前提にみていきます。

これらの報酬であればどの所得に該当するかというと以下のいずれかです。

  • 事業所得
  • 雑所得

規模や年数など色々ありますが、本業が会社員で給与所得で生活、副業としての位置付けでの報酬であれば基本的には雑所得になります。

個別にさまざまなケースがあるでしょうから、税務署などに事前に確認しておきましょう。匿名の相談で大丈夫です。

国税庁 税についての申告相談

本業といえる会社からの給与以外に所得が発生するなら、まずはこの10種類の所得について確認してください。

確定申告と副業が20万円以下の意味

確定申告と副業が20万円以下の意味

副業が20万円以下の意味

副業において確定申告でいくらから税金を支払うかというと、何度も解説しているように20万円以下というのが一つ目のハードルです。

通常会社からのお給料について勤務先で年末調整をしてくれているでしょうから、給与所得や退職所得以外の所得が20万円以下であれば確定申告は不要です。

しかし仮に副業での収入が20万円以下のケースでも、住宅ローン控除(初年度)や医療費控除、雑損控除(自然災害などの被害があった)、ふるさと納税で確定申告が必要なケースに

該当する場合には、「確定申告をした方が良いケース」もあります。ここは副業にこだわらずに柔軟に考えてください。

20万円から副業の経費を差し引いてよい

例えばWEBで物販をしているとか、ブログから広告収入があるようなケースで20万円を超えているケースだとします。

WEBの作成費用やランニングコスト、打ち合わせの際の交通費、通信費などかかった経費は差し引くことができます。

領収書の提出などは求められませんが、証明書類として保管しておく必要があります。かかった経費の領収書などは分かるようにしておきましょう。

副業で確定申告しないはあり?

副業で確定申告しないはあり?

確定申告をする、しないについて論じる前に確定申告が必要かどうかという問題があります。

確定申告が必要な人とは?

以下のどれに該当するかが大きなポイントです。

  • 副業収入があっても、確定申告をしなければならない人(必須)
  • 副業収入があっても、確定申告が不要な人(不要)
  • 副業収入があっても、確定申告をした方がいい人(任意)

少なくても確定申告をしなければならない人に該当するのであれば、確定申告をしないという選択はありません。

確定申告しないとどうなる?

納税は国民の義務ですから、これを意図的にしなかったとなれば罰則があります。

「無申告加算税」「延滞税」などが課せられる可能性があります。本来納めなければならない分の税金に加えて、さらに支払わなければなりません。

悪質な場合はさらに重加算税や刑事罰の可能性もでてきます。

この記事を読んでいる人は会社員などのお勤めの人でしょうが、本業(会社からのお給料)については、所得税や住民税がしっかり徴収されているはずです。

これを納税義務があるのにうまく逃げている人がいたら、何か腹が立ちませんか。

だからこそそうした人がいる場合には、しっかり罰則があるのです。面倒なことになるだけですから、きちんと要件に該当するなら確定申告をするようにしてください。

副業の税金や確定申告で会社にばれる?ばれない?

副業の税金や確定申告で会社にばれる?ばれない?

副業をしていることを会社にばれるか、ばれないかというと、ばれる恐れは常にあると考えておいてください。

こうすれば絶対に大丈夫というものではありませんし、対策をしていても何かの手違いで分かってしまう可能性も否定できないからです。

副業がばれる主なパターンは例えば次のようなケースです。

無申告(確定申告しない)

先ほど確定申告必須の人がしなければ罰則があるという話をしました。税務署などから問い合わせや調査が入ることで副業が会社にばれることがあります。

無申告な上に禁止されている副業をしていたことがばれたら最悪です。副業分の確定申告など必要なことはきちんとしておきましょう。

副業収入の住民税の徴収方法(特別徴収、普通徴収)

本業が会社員の人は、所得税や住民税は給与から天引きされています。多くの場合、年末調整ですべて完了していれば差額が生じません。

しかし本業の給料+副業の収入があると、住民税の計算が合わなくなります。会社員の人が給料から住民税が引かれているのは、「特別徴収」という方法になっているためです。

確定申告の際に副業収入分の住民税の徴収方法を特別徴収ではなく、普通徴収にしておきます(確定申告の提出書類の選択欄にマルをつける)。

これで安心しないで確定申告が終わった後に副業の収入についての住民税の徴収方法が、特別徴収になっているか自治体などに確認しておきましょう。

繰り返しますが、これなら絶対大丈夫というものではありません。

確定申告を副業でするやり方と必要書類、経費

確定申告を副業でするやり方と必要書類、経費

最後に確定申告をするやり方と必要書類、経費などについてみておきましょう。

確定申告のやり方

確定申告は自分納税地の税務署になります。勤務先の最寄り税務署とは違います。確定申告書類の作成の仕方と提出の仕方にわけて説明します。

  • 確定申告書類作成
  • 手書きで作成
  • 会計ソフトなどを使って作成
  • e-taxを使って作成

分からないことが多いから無料誰かに聞きたいという人は、確定申告の時期になれば税務署で書き方の指導などはしてくれますので利用してください。

税務署は平日なので会社で休みを取る必要がありますが、例年2月に日曜日に開庁する日が1日か2日かあるのでこうしたものも利用してください。

会計ソフトなどを使えば比較的簡単にできますが、e-taxを利用して申告書の作成も可能です。従来はパソコンからの利用が中心でしたが、2019年1月からはスマホにも対応します。

確定申告書類の提出

確定申告の書類の提出方法は主に3つあります。

  • 税務署に直接持ち込み
  • 税務署に確定申告の書類を印刷して郵送
  • オンラインからe-taxで送信

スマホの対応は2018年までは書類の作成まででしたが、2019年1月からはオンラインから送信できるようになります。

副業の確定申告の必要書類

  • 確定申告書AまたはB
  • 給与所得の源泉徴収票
  • 各種控除(医療費控除、雑損控除、保険料控除など)のための証明書や添付書類
  • 報酬などの支払い調書

確定申告書にはAとBがあります。確定申告書Aは、所得の種類が給与所得や公的年金等・その他の雑所得、配当所得、一時所得のみで予定納税のない方が使います。

確定申告書Bは、事業所得や不動産所得がなど、所得の種類にかかわらず誰でも利用することができます。どちらを使うかはどんな副業なのかによって変わってきます。

確定申告書の所得の内訳欄に書ききれない場合には、所得の内訳書を使います。

生命保険料控除などは、毎年手続きしていて年末調整でほぼ済んでいるはずなので、副業の人の場合には年末などに新たな保険に加入したりして年末調整に間に合わなかった場合には利用しましょう。

各種書類などの確認やダウンロード、作成は下記から可能です。

国税庁 確定申告書、青色申告決算書、収支内訳書等

国税庁 申告書に添付・提示する書類

国税庁 所得税(確定申告書等作成コーナー)

副業の必要経費

副業の収入が20万円を超えていても、必要経費を差し引くことで20万円以下になることがあると説明しました。

必要経費については運営しているHPを維持するためのランニングコストなどと言いましたが、業種によって自宅を事務所代わりにしたり、水道光熱費も事業に関係するケースもあります。

副業についての営業活動などに自動車を使うならガソリン代や高速代、自動車保険料なども関係してくる場合もあるのです。

これらのものは当然プライベートでも使います。副業は個人事業のようなかたちになるケースだとこれらを経費にする場合、「家事按分」というものがでてきます。

自宅兼プライベートサロンのような副業であれば、水道光熱費も関係するので一定割合、例えば50%を経費にするなどということです。

これが家事按分です。業種や業態によりますから、こうしたことは一度は専門の人に聞いた方が方向性が見えてくるはずです。

副業の経費といっても色々ありますので、使えるものはしっかり経費にしましょう。

まとめ

副業の税金対策と確定申告/ばれる、バレない?確定申告のやり方と必要書類、についていかがでしたか。

副業OKという会社もまだまだ一般的ではありません。家計の足しにする、将来独立を目指すなど副業にも色々と個別に事情があるでしょう。

経費を含めて20万円を超える収入になるなら、副業収入にも確定申告が必要です。

びくびくしながら副業を続けるのも精神衛生上よくありませんから、就業規則などもよく確認して可能であれば、勤務先に相談することも考えておきましょう。

関連記事

Pocket

\ SNSでシェアしよう! /

お金の専門家FPが運営するお金、保険、投資の情報メディア|マイライフマネーオンラインの注目記事を受け取ろう

副業の税金対策と確定申告/ばれる、バレない?確定申告のやり方と必要書類

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

お金の専門家FPが運営するお金、保険、投資の情報メディア|マイライフマネーオンラインの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

平野 敦之

平野 敦之

ひらの あつし
平野FP事務所代表。(CFP ®・1級FP技能士・宅地建物取引士)。東京都出身。大学卒業後に証券会社、損害保険会社等で実務を経験した後1998年に独立。FP歴20年。



・個人のお金の悩みやお困りごとのサポート。
・法人の経営者のお金の悩み、営業を支援。

TVやラジオ、新聞、雑誌など直近の10年間で200回以上の取材を受ける。同業であるファイナンシャルプランナーに対しても情報提供の執筆や講演を行う。

講演・セミナー活動も大学での非常勤講師や国民生活センターや行政機関、大手企業や団体など幅広い実績を持つ。総合情報サイトAll Aboutにて損害保険ガイドを務め、約14年に渡り定期的にマネー情報の発信を実施。その他の媒体も含めてWEB上での執筆記事は550本以上。

現場の相談を中心業務と考え活動を続ける。

【著書】いまから始める確定拠出年金投資(自由国民社)http://amzn.to/2csBEsM
    
”ファイナンシャルプランナーに相談するには、、、”
http://ファイナンシャルプランナー相談.com

この人が書いた記事  記事一覧

  • 個人事業主・フリーランス・自営業の確定申告/やり方~経費、必要書類まで

  • 火災保険と地震保険の税金(確定申告・年末調整)と保険金の超基本

  • 確定申告と寄付金控除/対象と限度額・計算、ふるさと納税のポイント2019

  • 休眠口座/休眠預金等活用法の施行、銀行10年放置で2019年からどうなる?