1. TOP
  2. 払う(税金・年末調整、確定申告)
  3. 確定申告がスマホでできる?スマホ、e-taxでの確定申告と2019年の動向

確定申告がスマホでできる?スマホ、e-taxでの確定申告と2019年の動向

Pocket

確定申告の作成はスマホでできるのか?

確定申告の作成はスマホでできるのか?

最初に結論を言いますと、2018年の確定申告についてスマホで行えることはかなり限定的でほとんどできません。一部アプリなどを利用するとできることがあります。

それを踏まえて続きを読んでください。

スマホで確定申告のどこまでできるかの意味

スマホやパソコンで確定申告書を作成、必要書類の提出まで考えた場合できることに段階があります。具体的には次の3段階です。

  • 確定申告書の作成から提出までネットで完結
  • 確定申告書の作成のみ可能(提出は郵送や持ち込み)
  • 確定申告の書類の手続きなどで補助的な役割

理想は最初の作成から提出までスマホで済んでしまうことでしょう。

パソコンを利用するならe-taxを使って作成から完結まですることは可能です。しかしスマホでは2番目の作成もできるところは現状ほとんどありません。

e-taxのスマホ対応の状況

国が推進しているe-taxにおける対応状況を確認してみましょう。実はe-taxには次のようなサイトがあります。

スマホから手軽にスマート e-tax

もともとパソコンで利用するe-taxにスマホで対応するための e-taxソフト(SP版)があります(SP=SmartPhone)。

このe-taxのSP版でできることが次の7つの内容です(2018年確定申告の期間の時点)。

  • 利用者情報の登録・確認・変更
  • 納税手続
  • メッセージボックスの確認
  • 還付金処理状況の確認
  • 納税証明書の交付請求
  • 徴収高計算書の提出
  • 振替納税結果の確認

これらのスマホでできることのさらに詳細を見たい人は下記のリンクをみてください。

e-taxソフト(SP版)でできること

現状の対応としては、スマホでe-taxを利用して「確定申告書の作成」はできません。

e-taxについては「確定申告書作成コーナー」というものがあるのでパソコンでこれで行うというのが現状です。

確定申告書作成コーナー

WEBサイトを見ると色々書いてあるので確認できますが、筆者自身も直接電話連絡して2018年の確定申告をスマホでできることを確認済みです。

その他市販のソフトやアプリ

確定申告の電子データをWEBから送信することができるのはe-taxだけです。そのため市販のスマホアプリを利用できても確定申告書の作成までできれば精一杯というところです。

例えば弥生会計の確定申告ソフトやアプリは有名ですが、こちらもスマホ対応しています。但しこちらは補助的な役割です。

パソコンのオンライン版を利用していると、スマホで入力できるとか、レシートなどを写真で撮ったものが反映する(手書き領収書は手入力になることもある)といった仕組みです。

他にはfreee株式会社が発売している「freee」という商品がスマホ対応しています。

こちらは申告書の作成もできるようです。無料プランもありますが、利用期限や機能を考えると有料でないと使いにくでしょう。

実際に筆者が利用したわけではないので使い勝手や良し悪しについてはコメントできません。

スマホで電子データを送付して確定申告を完結させるところまでするなら、e-taxが使いやすくなるのを待つということになります。

スマホでの手間の簡素化などが必要

弥生会計などにスマホのできることを確認したところ、レシートなどスマホで読み込めるとのことでした。但し手書き領収書などは難しいケースがあるそうです。

会社員が住宅ローン控除やふるさと納税などで還付申告を受けるなら比較的手続きが簡単ですが、個人事業主が経費を都度入力するのはかなり手間です。

ここをどれだけ簡素化できるかがポイントでしょう。

スマホの対応機種(Android、iPhone)

スマホの対応機種(Android、iPhone)

スマホによる確定申告はこのような現状です。できることに制限があるにしても対応しているアプリはそんなに機種に制限は持たせていません。

機能を考えるといまの段階ではできることも少ないので、自分のスマホの機種についてはそんなに気にする必要はないと考えます。

確定申告でスマホ作成は印刷できる?

確定申告でスマホ作成は印刷できる?

スマホでできる確定申告の対応状況を見てきましたが、そもそも申告書事態を作ることのできるアプリなどがほとんどありません。

現状は確定申告書の作成・印刷までできるものはほとんどありません。

2019年1月からスマホで確定申告は完結!?

2019年1月からスマホで確定申告は完結!?

このように2018年時点では、スマホで確定申告書を作成して、提出までを完全に(データ送信して提出)することはできません。

結局スマホでは確定申告の手続きはほとんどできないのかというとそうでもありません。実は国の方でも確定申告をスマホを行うための動きがでてきています。

2017年11月にいくつかのマスメディアが2019年1月からスマホで確定申告ができるようになるというニュースを報じました。

具体的には政府の税制調査会でスマホで確定申告をすることについて触れられています。

政府の税制調査会資料 一覧 財務省説明資料

この資料の個人の所得税、スマホの実現というところに次のように記載があります。

特にニーズの強い基本的な申告の類型について、スマートフォン等からの電子申告を実現(H31.1)。

 

その後も、「スマホ申告」の対象範囲を随時拡大。基本的にスマートフォン等で手続が完結する仕組みを目指す。

 

(出所:税制調査会の説明資料より一部抜粋)

2019年1月からスマホによる確定申告の手続きが完結する仕組みができるかどうかは現時点では未定ですが、今後スマホで確定申告を実現するための動きは進んでいくでしょう。

最終的にスマホで完結させるところを目指すとあるので、2019年からいきなりすべてできるようにはならないかもしれませんが国にそのつもりはあるということです。

国から出される情報をみて適宜この記事の内容は更新していきます。

まとめ

確定申告がスマホでできる?スマホ、e-taxでの確定申告と2019年の動向、についていかがでしたか。

2018年の確定申告では、スマホアプリの良さそうなものを自分で比較選択して確定申告の作成から提出まで完結することはほとんどできません。

今後e-taxでのスマホ対応機能が広がってきたときに、市販のスマホアプリがどこまで対応してくるかがポイントになるでしょう。

政府も2019年1月からのスマホ対応での目標を掲げていますので、今後対応状況などは色々情報がでてくるでしょう。

引き続き2019年以降に向けて情報をキャッチアップして確定申告の手続きを進めてください。

関連記事

Pocket

\ SNSでシェアしよう! /

お金の専門家FPが運営するお金、保険、投資の情報メディア|マイライフマネーオンラインの注目記事を受け取ろう

確定申告がスマホでできる?スマホ、e-taxでの確定申告と2019年の動向

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

お金の専門家FPが運営するお金、保険、投資の情報メディア|マイライフマネーオンラインの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

平野 敦之

平野 敦之

ひらの あつし
平野FP事務所代表。(CFP ®・1級FP技能士・宅地建物取引士)。東京都出身。大学卒業後に証券会社、損害保険会社等で実務を経験した後1998年に独立。FP歴20年。



・個人のお金の悩みやお困りごとのサポート。
・法人の経営者のお金の悩み、営業を支援。

TVやラジオ、新聞、雑誌など直近の10年間で200回以上の取材を受ける。同業であるファイナンシャルプランナーに対しても情報提供の執筆や講演を行う。

講演・セミナー活動も大学での非常勤講師や国民生活センターや行政機関、大手企業や団体など幅広い実績を持つ。総合情報サイトAll Aboutにて損害保険ガイドを務め、約14年に渡り定期的にマネー情報の発信を実施。その他の媒体も含めてWEB上での執筆記事は550本以上。

現場の相談を中心業務と考え活動を続ける。

【著書】いまから始める確定拠出年金投資(自由国民社)http://amzn.to/2csBEsM
    
”ファイナンシャルプランナーに相談するには、、、”
http://ファイナンシャルプランナー相談.com

この人が書いた記事  記事一覧

  • ライフプランシミュレーションのおすすめは?自分でライフプランを作る方法

  • 保険の相談窓口(生命保険・医療保険・がん保険)のおすすめの選び方

  • 積立投資の王道ドルコスト平均法のデメリットとリスク、活用法3選

  • 持病保険(引受基準緩和型保険)の契約前に知っておきたい5選