1. TOP
  2. 貯める(家計・貯蓄)
  3. 30代の平均貯蓄額2018!平均値と中央値、貯金なしの家計の貯蓄方法

30代の平均貯蓄額2018!平均値と中央値、貯金なしの家計の貯蓄方法

Pocket

30代、年収別の貯蓄額の平均値と中央値

30代、年収別の貯蓄額の平均値と中央値

この記事では家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査] という統計にある世代別(30歳代)、且つ年収別の貯蓄額をみていきます。

下記が統計調査からのデータの出所になります。

出所:金融広報中央委員会 家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査] 平成29年調査結果

30代の年収別貯蓄の平均値と中央値

この手の統計に必ずでてくる「平均値」と「中央値」ですが、言葉の定義を確認しておきます。平均値は全体の平均ですが、中央値はすべての統計を並べたときに真ん中にくる数字を指します。

平均値は一部の貯蓄額の高い人に結果が上に引っ張られます。念のため30代の貯蓄額の平均も入れていますが、中央値をみる方が実態には合っているでしょうからそのつもりでみてください。

【30代の貯蓄の平均と中央値】

年収 平均値 中央値
収入なし
300万円未満 165万円 10万円
300~500万円未満 394万円 150万円
500~750万円未満 542万円 320万円
750~1,000万円未満 729万円 496万円
1,000~1,200万円未満 1414万円 1100万円
1,200万円以上 2085万円 1574万円

例えば夫婦2人で働いていて、住宅購入しているわけでもなく、誰かに援助しているわけでもないのであれば、中央値くらい以上の貯蓄はほしいところです。

30代はライフイベントが発生することが多い年代です。結婚、子どもの誕生、住宅購入(住宅ローン利用)などです。もちろん独身の人もいますから、そこは個々に考慮してください。

もちろん自分なりの考えがあって、自己投資している、使っている場合はそれはそれでいいでしょう(無駄遣い除く)。

総務省の家計調査による平均貯蓄額

【2018年5月27日追記】

参考までに2018年5月18日に総務省から公表された家計調査報告によると二人以上の世帯の30代の平均貯蓄額(貯蓄現在高)と負債現在高は下記のような数字になりました。

全体では貯蓄額の平均値が1,812万円、中央値が1,074万円です。平均値は5年ぶりに減少しました。年代別では平均値や負債しか表示がありませんが、40歳未満では次のようになりました。

  • 20~30代(40歳未満) 平均貯蓄額602万円 負債現在高1,123万円

これらは平均値と考えてください。この統計では年代別の中央値が出されていません。各年代別の平均貯蓄額の記事で金融広報中央委員会の統計を使っているのはこちらの方が細かいためです。

但し上記の数字は負債にも注目してください。40歳未満という幅の広いくくりですが、住宅購入などがあれば貯蓄と負債はこのようなバランスになってきます。

なお、この総務省の平均貯蓄額の内訳には、預貯金はもちろん積立型の生命保険や有価証券(株式、債券、投資信託等)も入っています。

30代で年収別の貯蓄額なし(ゼロ)の割合30代で年収別の貯蓄額なし(ゼロ)の割合

平均の貯金額をみるとそれなりに貯めている人もいて、自分は少ないのかと思う人もいるかもしれません。30代で貯蓄なし(貯蓄ゼロ)の人の割合を年収別に確認しましょう。

【30代の貯蓄なしの割合】

年収 貯蓄なし
収入なし
300万円未満 46.00%
300~500万円未満 38.50%
500~750万円未満 16.90%
750~1,000万円未満 22.90%
1,000~1,200万円未満 0.00%
1,200万円以上 10%

年収300万円未満だと半数以上が貯蓄出来ていない状態です。年収300万円未満、300-500万円未満の幅でみても約4割~5割弱が貯蓄なしです。

750万円-1,000万円未満でも約20%が貯金なしと回答しています。意外と貯蓄なしの人もいるのだと安心はしないでください。

貯金なしならなしでまずは原因の把握をしていきましょう。家計も突発的な支出で波がありますから、思ったように貯められないこともあるでしょう。

場合によっては小手先の節約よりも根本的なところから家計を見直さなければならないケースもあります。

500万円を30代で貯蓄しているの年収別の割合

500万円を30代で貯蓄しているの年収別の割合

貯蓄なし(ゼロ)の人の次は、そこそこ貯めている人のデータを確認します。まずは30代で500万円以上貯めている人です。

【30代の貯蓄500万円の人の割合】

年収 500-700万円未満
収入なし
300万円未満 2.00%
300~500万円未満 9.60%
500~750万円未満 8.50%
750~1,000万円未満 17.10%
1,000~1,200万円未満 0.00%
1,200万円以上 20.00%

30代は子どもの誕生などもありますから、何かと支払もでていきます。年収300万円-750万円未満で約10%弱、750万円-1,000万円で20%弱くらいです。

住宅ローンあり夫婦などの場合には、頭金で支出している可能性もありますから、そんなにいないかなどど思ってはいけません。

1,000万円を30代で貯蓄している人の年収別の割合

1,000万円を30代で貯蓄している人の年収別の割合

次に30代で1,000万円貯蓄している人の割合(年収別)です。

【30代の貯蓄1,000万円の人の割合】

年収 1,000-1,500万円未満
収入なし
300万円未満 6.00%
300~500万円未満 4.50%
500~750万円未満 6.90%
750~1,000万円未満 11.40%
1,000~1,200万円未満 16.70%
1,200万円以上 0.00%

正確には1,000-1500万円ですから、990万円の人はここには入っていません。このクラスになるとさすがに比率が低めですが、年収300万円未満や300~500万円未満でも一定数はいるのです。

2,000万円を30代で貯蓄している人の年収別の割合

2,000万円を30代で貯蓄している人の年収別の割合

最後に2,000万円を30代で貯蓄している人です。数は少ないですが、貯めている人はいます。1,500万円からの統計と併せて掲載します。

【30代の貯蓄2,000万円の人の割合】

年収 1,500-2,000万円未満
収入なし
300万円未満 0.00%
300~500万円未満 1.30%
500~750万円未満 3.80%
750~1,000万円未満 0.00%
1,000~1,200万円未満 16.70%
1,200万円以上 10.00%

 

年収 2,000-3,000万未満
収入なし
300万円未満 0.00%
300~500万円未満 0.00%
500~750万円未満 3.10%
750~1,000万円未満 2.90%
1,000~1,200万円未満 0.00%
1,200万円以上 20.00%

割合としてはさすがにまだ僅かです。年収の高い人は一部貯めているという結果になりました。

30代前半だと大卒で社会人になってからの人は10年に満たないので、年収が多くしっかり貯金しているあるいは資産運用等である程度殖やしていかないと2,000万円以上はなかなか厳しいようです。

30代から貯蓄を貯めて・殖やす

30代から貯蓄を貯めて・殖やす

貯金なしの人もそれなりにある人も30代ならまだまだこれから貯めていけます。お金は使うためにあるので、貯めることが目的では本末転倒ですが、しっかりした生活基盤を作るためにも、貯金できるものは無駄使いせず貯めていきましょう。

30代で貯金なしの人

例えば借金の返済があと3年あってその間は全く貯金できないというならそれはそれで仕方ありません。

毎月ぎりぎりで貯金が不可だというなら、そもそも固定費が高くないか、支出の根本についてチェックしましょう。

収入が少ないなら30代ならチャンスはあります。キャリアを上げていく、自営業なら売上を上げるために行動してください。間に合います。

年収が高くて貯金が出来ていない人は、年収が少ない人が貯金できないのよりは、ちょっとした工夫で貯金はできるようになります。

未経験なら資産運用を視野に行動する

資産運用についてはやる気のある人、絶対やりたくない人、あまり気が乗らない人などがいることは承知しています。

やりたくないものを無理してはじめる必要はないと筆者は考えますが、やってみようかなという気持ちがあるならぜひはじめてください。

これからは自分で稼ぎ、貯めて、殖やすことのウエイトが多くなってくるでしょう。自分でお金を稼ぐ手段、殖やす方法を持っている人の方が有利です。

そのためには「経験」が必要です。基本的なことは教えられても経験は自分でしかできません。博打と投資は違います。

興味があったら少しずつ、小口でもいいので経験を積んでいきましょう。何でもやらないまま年を取っていくと、そのハードルがどんどん上がってさらに行動できなくなります。

まとめ

30代の平均貯蓄額2018!平均値と中央値、貯金なしの家計の貯蓄方法、についていかがでしたか。

30代年収別に貯金についてまとめました。独身の人や男女別では統計はありませんが、独身、男女別(但し年収別ではない)は、下記の平均貯蓄額の関連記事に総務省の統計を掲載していますのでご覧ください。

30代は仕事のキャリアなどでも色々方向性を考える年代だと思います。将来を見据えていまから収入をアップする、貯金する、資産を殖やすことを意識していきましょう。

30代からの積み重ねが10年後、20年後に大きな差になってきます。

※こちらにご登録頂くと「Mylife Money Online」の記事だけでは読めないお得なお金の情報を定期的にお届けいたします。

関連記事

Pocket

\ SNSでシェアしよう! /

お金の専門家FPが運営するお金、保険、投資の情報メディア|マイライフマネーオンラインの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

お金の専門家FPが運営するお金、保険、投資の情報メディア|マイライフマネーオンラインの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

平野 敦之

平野 敦之

ひらの あつし
平野FP事務所代表。(CFP ®・1級FP技能士・宅地建物取引士)。東京都出身。大学卒業後に証券会社、損害保険会社等で実務を経験した後1998年に独立。FP歴20年。



・個人のお金の悩みやお困りごとのサポート。
・法人の経営者のお金の悩み、営業を支援。

TVやラジオ、新聞、雑誌など直近の10年間で200回以上の取材を受ける。同業であるファイナンシャルプランナーに対しても情報提供の執筆や講演を行う。

講演・セミナー活動も大学での非常勤講師や国民生活センターや行政機関、大手企業や団体など幅広い実績を持つ。総合情報サイトAll Aboutにて損害保険ガイドを務め、約14年に渡り定期的にマネー情報の発信を実施。その他の媒体も含めてWEB上での執筆記事は550本以上。

現場の相談を中心業務と考え活動を続ける。

【著書】いまから始める確定拠出年金投資(自由国民社)http://amzn.to/2csBEsM
    
”ファイナンシャルプランナーに相談するには、、、”
http://ファイナンシャルプランナー相談.com

この人が書いた記事  記事一覧

  • 路線価の2018年(平成30年)が国税庁より公表!過去の路線価推移の調べ方

  • 住宅ローンの返済負担率(返済比率)は意外と低い!理想の負担率と計算方法

  • 交通事故での弁護士費用特約(自動車保険)の使い方と必要性!

  • ライフプランシミュレーションのおすすめは?自分でライフプランを作る方法