1. TOP
  2. スイッチOTC医薬品・セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)を解説

スイッチOTC医薬品・セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)を解説

LINEで送る
Pocket

2017年(平成29年)1月1日より、スイッチOTC医薬品にかかるセルフメディケーション税制(医療費控除の特例)がスタートしました。確定申告に直接関係するのは2018年以降になります。

もともとの医療費控除の対象にならないと諦めていた人でも医療費控除(の特例)が使えることがあります。

確定申告とお得な税金に関係するセルフメディケーション税制(医療費控除の特例)についての基本についてご紹介しましょう。

スイッチOTC医薬品のセルフメディケーション税制とは?


税制以前にOTC医薬品について確認しましょう。従来は医師の判断で使えなかった医薬品を薬局での購入をできるようにしたものがスイッチOTC医薬品です。ちなみにOTCとは「Over The Counter」の略で、薬局のカウンターで販売される市販薬のことです。

医療薬から市販薬として街の薬局で販売許可されたので、スイッチという意味もありスイッチOTC医薬品と呼ばれます。

セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)は、健康診断などを受けてきちんと健康の取り組みをしている人が、特定成分を含む市販薬を買ったときに医療費控除を受けられる制度です。

医療費控除は、原則年間の医療費の総額が10万円を超えないと使えません。医療費を削減するためにある程度の軽るい症状は市販薬に任せて、医療費控除を受けられるハードルを下げたことでその分のアメも提供しているわけです。

セルフメディケーション税制、スイッチOTC薬税制など色々な呼ばれ方をしています。

セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)の基本


セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)について基本的なところをチェックしていきましょう。

いつから始まる?

セルフメディケーション税制は、2017年(平成29年)1月1日から開始されています。但し期限が決まっていて、2021年(平成33年)12月31日までになります。

適用する場合には、確定申告の手続きが必要になります。2017年(平成29年)から制度が始まりますので、2017年(平成29年)分の医療費の確定申告は2018年(平成30年)に行います。

対象となるもの

厚生労働省の該当サイトを見ると下記のような記載があります。

・対象となる医薬品の薬効の例:かぜ薬、胃腸薬、鼻炎用内服薬、水虫・たむし用薬 、肩こり・腰痛・関節痛の貼付薬
(注)上記薬効の医薬品の全てが対象となるわけではない

 

・具体的な対象医薬品の範囲等は、税制改正法案成立後、関係者と協力して周知を行っていく。

 

スイッチ医薬品の有効成分リスト 厚生労働省 2017年(平成28)年3月31日時点

症状の軽いうちに自分で対処することになりますが、医薬品の購入時にスイッチOTC薬でセルフメディケーション税制にかかるものか確認するといいでしょう。

対象者

この制度は、健康の維持増進及び疾病の予防への取り組みを行う個人が対象です。取り組みというのは具体的には次のものです。

  • 特定健康診査(メタボ健診)
  • 予防接種
  • 定期健康診断(会社での健診)
  • 健康診査
  • がん検診

この取り組みをする個人について、自己又は自己と生計を一にする配偶者やその他の親族について特定一般用医薬品等購入費を支払ったケースがセルフメディケーション税制の対象になります。

そもそも所得控除適用のハードルを下げるので、誰でも適用にすると却って負担が増える可能性があります。

不健康な生活習慣があれば、結局完治せずに病院で治療する可能性も高いからです。そのため健康診断や予防接種などを要件に入れているわけです。

セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)と従来の医療費控除


セルフメディケーション税制を「医療費控除の特例」と言うからには、もともとの医療費控除との違いを知っておかなければなりません。

医療費控除は1年間(その年の1/1~12/31)の医療費が100,000円(所得金額が2,000,000円未満の人は所得金額の5%)を超えたときに控除対象です。

これに対してセルフメディケーション税制では、特定の成分を含有するOTC医薬品を1年間(その年の1/1~12/31)で12,000円を超えた額が所得控除の対象となります(上限金額は8万8000円)。

従来の医療費控除の100,000円から比べると適用のハードルが下がったわけです。確定申告で所得税及び翌年度の住民税が軽減されます。

但しセルフメディケーション税制は、従来の医療費控除と併用ができませんのでこの点には注意してください。

 

セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)で税金はどのくらい得?


厚生労働省のWEBサイトに記載されている例で確認してみましょう。

出典:厚生労働省


上記の例は、課税所得400万円で、対象医薬品を年間20,000円購入した場合(生計を一にする配偶者その他の親族の分も含む)です。月1,666円くらいですから、家族全体ではありえる金額です。

この例だと所得税1,600円、住民税800円です。これだけかというのもあるでしょうが、購入金額が20,000円ですから、それを考えればこのくらいです。

あまり手をかけるものではないでしょうから、OTC医薬品の購入時のレシートなどは家計全体できちんと管理しておけば確定申告のときの手間が省けます。

確定申告とセルフメディケーション税制(医療費控除の特例)の手続き


セルフメディケーション税制にかかるはじめての確定申告の手続きは、2018年(平成30年)3月になります。2017年(平成29年)の税制改正大綱にて、下記のことは明示されています。

  • 対象医薬品の合計額の確認書類として医薬品の領収書に代えて医薬品の明細書を添付
  • 健康の保持増進及び疾病の予防への取組を行っている人の確認書類として厚生労働省から健康診断やがん検診等の結果通知表、あるいは予防接種済証、予防接種を受けたことの領収書など

2018年(平成30年)の確定申告に向けて、さらに詳細がでてくるかたちになるでしょう。

まとめ

スイッチOTC医薬品・セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)についていかがでしたか。本格的には2018年(平成30年)の確定申告が始まるときに気にする人が多いでしょう。

住宅ローン控除のように多くの金額が控除されるモノとは違いますし、医療費控除の特例の制度です。

確定申告の直前に慌てないでいいように、しっかり準備してあまり時間と手間をかけないでいいようにしておきましょう。

年間医療費が10万円に届かないから、医療費控除を諦めていた人は、2018年(平成30年)の確定申告に向けてレシートや領収書などきちんとまとめておきましょう。

関連記事

LINEで送る
Pocket

\ SNSでシェアしよう! /

お金の専門家FPが運営するお金、保険、投資の情報メディア|マイライフマネーオンラインの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

お金の専門家FPが運営するお金、保険、投資の情報メディア|マイライフマネーオンラインの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

平野 敦之

平野 敦之

ひらの あつし
平野FP事務所代表。(CFP ®・1級FP技能士・宅地建物取引士)。東京都出身。大学卒業後に証券会社、損害保険会社等で実務を経験した後1998年に独立。FP歴18年。


・個人のお金の悩みやお困りごとのサポート。
・法人の経営者のお金の悩み、営業を支援。

TVやラジオ、新聞、雑誌など直近の10年間で200回以上の取材を受ける。同業であるファイナンシャルプランナーに対しても情報提供の執筆や講演を行う。

講演・セミナー活動も大学での非常勤講師や国民生活センターや行政機関、大手企業や団体など幅広い実績を持つ。総合情報サイトAll Aboutにて損害保険ガイドを務め、約13年に渡り定期的にマネー情報の発信を実施。その他の媒体も含めてWEB上での執筆記事は400本以上。

現場の相談を中心業務と考え活動を続ける。

【著書】いまから始める確定拠出年金投資(自由国民社)http://amzn.to/2csBEsM
    快適!マンションライフは保険で決まる(住宅新報社、共著)

この人が書いた記事  記事一覧

  • 公務員の個人型確定拠出年金(iDeCo)とは?加入手続きや限度額まとめ

  • 住宅ローン固定金利/35年の固定金利とは?はじめての固定金利の比較解説

  • 確定拠出年金の相談窓口はどこがおすすめ?相談前に知るべき5つのこと

  • 公正証書遺言/証人の責任や要件は?必要な費用・報酬・手数料・書類まとめ