1. TOP
  2. 備える(生命保険・損害保険)
  3. 【キャンセル費用保険】旅行・宿泊・イベントのキャンセル補償のポイント

【キャンセル費用保険】旅行・宿泊・イベントのキャンセル補償のポイント

【キャンセル費用保険】旅行・宿泊・イベントのキャンセル補償のポイント
Pocket

海外・国内旅行やツアー、イベントなどで新型コロナなどによるキャンセルの可能は排除できません。その際旅行や航空券、宿泊料などのキャンセルを補償する「キャンセル保険」が注目されています。

■この記事で学べること

【1】キャンセル保険とは?

【2】主な商品、取り扱い保険会社

【3】申し込みから保険金受取りの流れ

【4】キャンセル保険の注意点・ポイント

【5】キャンセル保険の比較方法・おすすめの選び方

キャンセル保険の特徴から注意点、比較方法、おすすめの選び方をファイナンシャルプランナーが解説します。

※こちらにご登録頂くと「Mylife Money Online」の記事だけでは読めないお得なお金の情報を定期的にお届けいたします。

キャンセル保険とは?

キャンセル保険とは?

キャンセル保険とは?

国内や海外の旅行先で病気になったり、ケガをした際の旅行保険などによる備えの必要性は以前からあります。

しかし新型コロナウイルスに出発直前に感染したことにより、旅行中止によるキャンセル費用も withコロナ時代ではリスクです。

このキャンセル費用を補償するのが「キャンセル保険」です。

単に旅行キャンセルだけでなく、主に次のようなキャンセルを対象にします。

  • 国内旅行(個人、ツアー)キャンセル
  • 海外旅行(個人、ツアー)キャンセル
  • 修学旅行キャンセル
  • 航空券(飛行機代)キャンセル
  • ホテルの宿泊キャンセル
  • コンサートなどのイベントキャンセル  など

保険商品によって何のキャンセル費用を補償するか異なりますが、これらのキャンセル費用の全部または一部をカバーします。

キャンセル保険は損害保険会社や少額短期保険の一部の会社が取り扱いをしています。

直接保険会社に申し込み可能なケースもありますが、特定の旅行会社や予約サイト、あるいは旅行会社の店舗などの提携先を経由して販売していることが多いです。

キャンセル保険の保険料の目安

保険料はその保険商品や補償内容によって異なりますが、旅行費用や航空運賃、宿泊料金、イベントのチケット料などの10%弱くらいまで(おおむね2~7%程度)が多いです。

キャンセル保険の主なキャンセル事由

キャンセル保険は、保険ですからキャンセルさえすれば補償されるわけではありません。

例えば次の事由でキャンセルしたときに補償されます。

【キャンセル保険で補償されるキャンセル事由の例】

  • 本人や同行者の死亡、入院など
  • 搭乗予定の交通機関の2時間以上の遅延または運休・欠航など
  • 参加予定のイベントの中止または延期
  • 勤務先の業務命令による宿泊を伴う出張
  • 新型コロナウイルスを含む指定感染症等にかかったことによる宿泊療養、自宅療養など
  • 濃厚接触者となり健康状態の報告を求められた場合
  • PCR検査結果待ちの場合
  • ペットの犬猫の死亡など
  • 災害対策基本法に基づく避難指示
  • 裁判への出廷
  • パスポートの紛失・盗難等    など

※補償内容は保険商品によって異なるため、加入時に補償内容やキャンセル要件などの確認を必ずしてください。

主なキャンセル保険の商品と取り扱いの保険会社

主なキャンセル保険の商品と取り扱いの保険会社

キャンセル保険の取り扱いをしている少額短期保険および損害保険会社は次のとおりです(順不同)。

表の上から3社までが少額短期保険、4社目以降は損害保険会社です。

下から2番目は損保各社とありますが、海外旅行保険の特約での補償なので付帯できるところとできないところがあります。

最後のクレジットカードのキャンセルプロテクションも同様に付帯していないものもあります。

【主なキャンセル保険の例(順不同)】

商品名 取り扱い保険会社 キャンセル分野
チケットガード   Peachチケットガード  トリップキャンセル 宿泊キャンセル保険 AWPチケットガード少額短期保険 イベント       航空券        国内・海外旅行  宿泊
Travelキャンセル保険 Mysurance株式会社 国内旅行・ツアー   国内修学旅行     国内宿泊・航空券
サービス組み込み用   キャンセル保険 スマートプラス少額短期保険 イベントなど事業者向
旅のキャンセル保険 Chubb(チャブ)損害保険 企画旅行等     航空券等 宿泊         レンタカー
ANAのキャンセル保険  そらもよう 東京海上日動 航空券
キャンセル費用補償 三井住友海上 国内旅行      海外旅行
海外旅行保険      旅行変更費用補償特約 損保各社             海外旅行保険に特約付帯 海外旅行
クレジットカード付帯  キャンセルプロテクション クレジットカード会社 国内・海外旅行    航空券等 イベント


申し込みから保険金受取までの流れ

申し込みから保険金受取までの流れ

【キャンセル保険の一般的な申し込みから保険金受取りまでの流れ】

  1. 旅行・宿泊・航空券・イベントなどを予約して料金を支払う
  2. 所定の期間内(予約後●日以内、出発●日前など)にキャンセル保険に申し込み
  3. 加入したキャンセル保険に該当する事由でキャンセル発生
  4. 予約先にキャンセル料金の支払い
  5. 保険金請求書やキャンセル料の領収書など必要書類を提出
  6. 保険金の支払い

保険の加入から、キャンセルの発生、保険金の支払いまでは一般的にこのようなフローになります。

キャンセル保険の注意点・ポイント

キャンセル保険の注意点・ポイント

キャンセル保険の加入や保険金の支払いには要件があります。加入前にしっかり確認しておきましょう。

特に注意したいのは次の3つです。

  1. 保険に加入可能な期間
  2. キャンセル事由と補償割合
  3. 加入方法

それぞれ個別にみていきましょう。

保険に加入可能な期間

キャンセル保険はいつでも加入したいときに加入できるわけではありません。

海外旅行保険などのように空港のカウンターで出発日に加入というわけにはいかないのです。

保険によって加入できる期間が定められています。

例えば次のようなタイミングです。

  • 予約後1~2週間程度以内
  • 出発の1~2週間程度前まで

このように保険によって所定の要件があり、この2つの要件がそれぞれ決められていることもあるので注意が必要です。

キャンセル事由と補償割合

はじめにお話したようにキャンセル保険は、保険商品ごとにキャンセル事由が異なります。

本人や同行者の死亡や所定の入院などある程度共通した内容のものもありますが、各社一律というわけではありません。

また補償割合も必ずしも旅行代金などの全額がカバーされるわけではありません。

100%補償されるキャンセル事由もあれば、50%や30%などとキャンセル内容によっては補償割合が変わることもあります。

「補償されるキャンセル事由」および「補償割合」は必ずチェックしておきましょう。

加入方法

キャンセル保険に加入しようと思ったときに、海外旅行保険などのように比較サイトがあったりするなど、思ったよりネットで情報が見つけにくいはずです。

取り扱い保険会社のところでも書きましたが、保険会社が直接ネットで販売しているだけでなく、提携先での予約などに限定しているケースも多いためです。

つまり保険会社が提携している、

  • 旅行サイト
  • 旅行会社WEBサイト
  • 旅行会社等の店舗
  • 所定の航空会社  など

これらの特定のところで予約したものでないとキャンセル保険に加入できないケースも多いのです。

ちなみにクレジットカードのキャンセルプロテクションの場合、利用代金などをそのクレジットカードで決済しているなどの「利用条件」が付帯していることがあるので覚えておきましょう。

キャンセル保険の比較方法・おすすめの選び方

 

キャンセル保険の比較方法・おすすめの選び方

キャンセル保険の加入の前にチェックしておきたいポイントや比較方法、選び方をみておきましょう。

  • キャンセルした場合の費用はいくらか
  • 予約先のキャンセル条件を確認
  • 不安や心配なキャンセル事由は何か
  • 旅行や航空券、宿泊、イベント加入先にキャンセル保険はあるか
  • クレジットカードにキャンセルプロテクション等はないか
  • 他に直接保険会社で加入できるキャンセル保険でカバーできるか(海外旅行なら海外旅行保険も)
  • 該当するキャンセル保険の補償内容と保険料を比較

キャンセル保険以前にキャンセルが発生した場合のコストがいくらになるか改めて確認しましょう。

予約して代金を支払っていればそれがコストですが、単価が高いほど、また家族で行く場合にはそこに数量が加わるので人数が多いほどリスクが高くなります。

その上でキャンセル条件があるので目を通しておきましょう。

例えばホテルなどの宿泊の場合、宿泊の1日前で代金の20%、当日80%、無連絡だと100%などありますが、予約先のキャンセル規程を確認しましょう。

その上でキャンセルになったら金額が大きいと思いますが、すべてのキャンセル事由が不安というわけではないでしょう。

いまだと新型コロナウィルスの感染や濃厚接触などが多いかもしれませんが、補償事由になっているのかなども見てください。

加入先が限定されることがあるのはすでにお話したとおりですが、加入先の繋がりでキャンセル保険に加入できるものがあるかをチェックしてください。

その上で直接保険会社に申し込みすることができるキャンセル保険と補償内容や保険料を比較します。

海外旅行保険の特約を利用する場合には、特約の取り扱いの有無も確認した上で海外旅行保険の他の補償も含めて比較してください。

まとめ

withコロナの時代、旅行や各種のレジャーにはキャンセルリスクも考えておかなければなりません。

特にキャンセル保険に加入可能時期には注意してください。

予約代金や保険の内容によってはキャンセル保険の必要性が下がるケースもあるでしょう。

予約時にキャンセル保険の必要性や加入も一緒に検討するようにしてください。

※こちらにご登録頂くと「Mylife Money Online」の記事だけでは読めないお得なお金の情報を定期的にお届けいたします。

関連記事

Pocket

\ SNSでシェアしよう! /

お金の専門家FPが運営するお金、保険、投資の情報メディア|マイライフマネーオンラインの注目記事を受け取ろう

【キャンセル費用保険】旅行・宿泊・イベントのキャンセル補償のポイント

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

お金の専門家FPが運営するお金、保険、投資の情報メディア|マイライフマネーオンラインの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

平野 敦之

平野 敦之

ひらの あつし

平野FP事務所代表。(CFP ®・1級FP技能士・宅地建物取引士・2級DCプランナー・住宅ローンアドバイザー)。東京都出身。大学卒業後に証券会社、損害保険会社等で実務を経験した後1998年に独立。

・個人のライフプラン、お金の悩みやお困りごとのサポート。
・法人の経営者のお金の悩み、営業を支援。

ファイナンシャルプランナー歴20年以上。相談業務の他TVやラジオ、新聞、雑誌など直近の10年間で200回以上の取材を受ける。同業であるファイナンシャルプランナーに対しても情報提供の執筆や講演を行う。

講演・セミナー活動も大学での非常勤講師や国民生活センターや行政機関、大手企業や団体など幅広い実績を持つ。総合情報サイトAll Aboutにて2003年よりマネーガイドを務め、15年以上に渡り定期的にマネー情報の発信を実施。その他の媒体も含めてWEB上での執筆記事は600本以上。

「お金の当たり前を、当たり前に。」するために、現場の相談を中心業務と考え活動を続ける。

【著書】いまから始める確定拠出年金投資(自由国民社)http://amzn.to/2csBEsM
    
”ファイナンシャルプランナーに相談するには、、、”
http://ファイナンシャルプランナー相談.com

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【団信特約はつける・つけない?】住宅ローン団信特約の必要性の基準

  • 【厚生年金から国民年金】への切り替え手続きと【国民年金から厚生年金】

  • 年末調整の還付金はいつ戻る(2022年)、還付金の仕組みとは?

  • 【出産育児一時金】増額改正42万→47万とは?~2023年度から