1. TOP
  2. 借りる(住宅ローン)
  3. 住宅ローンを夫婦合算やペアローンを利用する際の注意点

住宅ローンを夫婦合算やペアローンを利用する際の注意点

住宅ローンを夫婦合算やペアローンを利用する際の注意点
Pocket

住宅ローンを夫婦で組む方法には、ペアローンや収入合算しての連帯保証や連帯債務など複数の選択肢があります。

また夫婦共働きでもあえて夫のみ、妻のみで住宅ローンを使うというケースもあるでしょう。

いずれにしても夫婦での住宅ローンの利用には、物件の名義や住宅ローン減税、団信(団体信用生命保険)の取り扱い扱いなどが変わるので慎重に検討することが必要です。

【この記事の主な内容とポイント】

  1. 住宅ローンを夫婦で利用する際の4つの選択肢
  2. 住宅ローンを夫婦で使うと名義や住宅ローン減税、団信はどうなる?
  3. 夫婦合算、夫婦別々(ペアローン)など夫婦の住宅ローンの選び方

夫婦で住宅ローンを利用する際のいくつかの選択肢における注意点やそのポイントや選び方についてファイナンシャルプランナーが解説します。

Pocket

\ SNSでシェアしよう! /

お金の専門家FPが運営するお金、保険、投資の情報メディア|マイライフマネーオンラインの注目記事を受け取ろう

住宅ローンを夫婦合算やペアローンを利用する際の注意点

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

お金の専門家FPが運営するお金、保険、投資の情報メディア|マイライフマネーオンラインの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

平野 敦之

平野 敦之

ひらの あつし

平野FP事務所代表。(CFP ®・1級FP技能士・宅地建物取引士・2級DCプランナー・住宅ローンアドバイザー)。東京都出身。大学卒業後に証券会社、損害保険会社等で実務を経験した後1998年に独立。

・個人のライフプラン、お金の悩みやお困りごとのサポート。
・法人の経営者のお金の悩み、営業を支援。

ファイナンシャルプランナー歴20年以上。相談業務の他TVやラジオ、新聞、雑誌など直近の10年間で200回以上の取材を受ける。同業であるファイナンシャルプランナーに対しても情報提供の執筆や講演を行う。

講演・セミナー活動も大学での非常勤講師や国民生活センターや行政機関、大手企業や団体など幅広い実績を持つ。総合情報サイトAll Aboutにて2003年よりマネーガイドを務め、15年以上に渡り定期的にマネー情報の発信を実施。その他の媒体も含めてWEB上での執筆記事は600本以上。

「お金の当たり前を、当たり前に。」するために、現場の相談を中心業務と考え活動を続ける。

【著書】いまから始める確定拠出年金投資(自由国民社)http://amzn.to/2csBEsM
    
”ファイナンシャルプランナーに相談するには、、、”
http://ファイナンシャルプランナー相談.com

この人が書いた記事  記事一覧

  • 60歳から年金を繰り上げ受給するデメリットとは?

  • 住宅ローンを夫婦合算やペアローンを利用する際の注意点

  • 【平均貯蓄額(最新2021年)】年代別(20~60代)でいくら貯めてる?

  • 株価の大暴落は買い時?株の暴落時にどうするかの対応5ヶ条