1. TOP
  2. 住宅ローンと団信・入れないと困る団体信用生命保険の審査や告知内容とは?

住宅ローンと団信・入れないと困る団体信用生命保険の審査や告知内容とは?

LINEで送る
Pocket

住宅購入の際、多くの人が住宅ローンを利用します。そのため返済期間も長期にわたり、返済が完了しないまま病気や怪我などで返済が不能になる可能性も否定できません。

残された家族が生活に困らないよう、返済を完了させるための仕組みが団体信用生命保険(略称:団信)です。団体信用生命保険は生命保険ですから、加入の際に審査や告知があります。

住宅ローン必須の団体信用生命保険(団信)について現状踏まえつつその内容を解説しましょう。

住宅ローンと団体信用生命保険(団信)とは?

ed7a35f715357d4bfec9dc536a377433_s


団体信用生命保険(団信)とは?

団体信用生命保険(以下、団信と記載)とは、住宅ローンの融資と受けている人にもしものことがあった場合に、生命保険で住宅ローンの残債を精算する制度です。

住宅ローンを借りた人、貸した人それぞれが困らないように保険金の受取人は住宅ローンの融資をしている金融機関になります。

火災保険でも同じような仕組みがありますが、基本的な考え方は同じです。

団信の加入が必要な住宅ローン

民間の金融機関で住宅ローンの融資を受ける場合、団信の加入を住宅ローンの借入れの条件としているのが一般的です。

見方を変えれば団信、つまり生命保険に加入できる健康状態でないと住宅ローンの利用ができないということです。

家族全員が健康であることはとても大切なことですが、住宅購入でも実は大きく関係しています。

なお、住宅購入時だけでなく、住宅ローンの借換えをする際にも団信の加入が関係してきますので、ぜひ覚えておいてください。

団信の保険料は金利に含まれているため、別途保険料を支払うということはありません。

団信の加入が不要・なし・任意の住宅ローン

一部の民間金融機関とフラット35などについては、団信の加入が任意です。タイトルに不要・なしとも書きましたが、加入は任意というのが正確な表現です。

住宅ローンでフラット35を利用して団信に加入するケースでは、保険料を住宅ローンの返済額とは別に年に一度支払います。

保険料が金利に含まれている多くの民間金融機関とはこの点も異なるところです。

保険料(特約料)は住宅ローンの融資残高によって決まります。三大疾病の付帯など内容によって違いがありますが、目安としては1,000万円あたり年間36,000円前後くらいを考えておいてください。

詳細を計算したい人は下記のサイトなどで試算してみてください。

機構団信特約料シミュレーション

住宅ローンにおける団信の審査と告知内容

59ec6ce38d5ea85ab03287cd2db57aef_s

団信の審査・告知事項

団信の審査や告知内容については、加入先によって違いはあるものの、主な告知事項には次の項目があります。

  1. 最近3ヶ月以内に、医師の治療(診察・検査・指示・指導を含みます)・投薬を受けたことがありますか
  2. 過去3年以内に下記の病気で、手術を受けたことまたは2週間以上にわたり医師の治療(診察・検査・指示・指導を含みます)・投薬を受けたことがありますか
  3. 手・足の欠損または機能に障害があるか、または、背骨(脊柱)・視力・聴力・言語・そしゃく機能に障害がありますか

※例えば2の下記の病気とは精神・神経では精神病、神経症、てんかん、胃・腸なら胃潰瘍、十二指腸潰瘍、潰瘍性大腸炎などです。実際の告知書には具体的に臓器や疾病が記載されています。

質問に「はい」があれば、具体的な治療期間や手術名、薬の名称、数値などの記載が必要です。

審査と告知事項の注意点とポイント

1の質問ですが体調不良で病院に行けばほとんどの人が「はい」になります。風邪で病院にいったくらいのことならそんなに気にする必要はありません。

告知内容の軸は2の質問です。

勘違いしがちなのが、例えば医者から薬をだされたが、具合がよくなったので飲まなかった、は投薬を受けていることになります。

病院で治療を受けたのは、回数にすると4回、期間にして2週間以上であればやはり告知事項に該当します。

一般の人には対したことではないと思うかもしれませんが重要なことですから注意してください。

団信に入れない人の対処方法と次の検討事項

368af1238335081b98c1a416297da8af_s


色々やってみたが団信に入れない、しかしマイホームは欲しいということであれば対処方法と検討事項をみておきましょう。

ワイド団信などに加入

簡単にいうと、一般の生命保険でいう「引受基準緩和型」の生命保険です。告知事項が少なく加入しやすいのが特徴です。

告知内容が少ないため、保険料が割高になるのがマイナスポイント。最近はこの手のワイド団信付きの住宅ローンも取扱いが増えていますので検討してみましょう。

保険料の金利の上乗せは0.3%くらいです。

告知期間を過ぎるまで待つ

一般の生命保険でもそうですが、告知期間というものがあります。団信なら3年ですが、所定の期間を過ぎていれば告知内容に該当しませんので加入は可能です。

団信に任意加入のフラットや民間金融機関の住宅ローンを利用する

団信は任意加入のものがありますから、そうした住宅ローンを利用する方法です。

選択肢としてはありですが、あまりおススメはできません。団信に入れない段階で健康状態に不安があるので、万が一の確率が高くなるためです。

家族の幸せのために住宅を購入するのに、もしものために住宅ローンの返済に苦慮するようでは大変です。よく考えてください。

現在加入の生命保険を利用できないか検討

もともと加入していた生命保険の契約があれば、これを利用することができないか融資側と交渉してみましょう。もちろんこれを使って上記の団信が任意加入の住宅ローンを利用することもできます。

その他(告知義務違反について)

対処方法ではありませんが、匿名のネット情報などと見ると、団信に入れないときに告知義務違反をするなどと書いてあることがあります。

ばれないとか一定年数過ぎれば時効などと書いていることがあることがありますが甘く見過ぎです。一般の生命保険も含めて告知内容は軽く考えないこと、きちんと正確に記載することです。

告知は制度の根幹の部分ですので、ここがいい加減では仕組みが成り立ちません。

調べるときはきっちり調べてきます。誰も責任はとりませんし、困るのは自分自身です。

最近の住宅ローンと団信の動向

d06ec10cb83ed63fb7079b21abf57ab8_s


団信はもともと住宅ローン利用時の死亡や高度障害を主な対象にしていました。最近は生前でも住宅ローンの支払いが免除できる特約が増えてきています。

住宅ローンも多様化しているということです。

具体的には三大疾病(がん、急性心筋梗塞、脳卒中)からはじまって最近の住宅ローンの団信には七大疾病や八大疾病(三大疾病+高血圧症・糖尿病・慢性腎不全・肝硬変・慢性膵炎)がでてきています。

生前であったとしても該当する疾病で所定の状態になったら、住宅ローンの支払いが免除されるというものです。

これらの特約は住宅ローンの借り入れ条件とは違いますので保障を広げるかどうかという考え方です。

気をつけておきたいのが、「所定の状態」です。急性心筋梗塞や脳卒中では60日の労働制限などが掛かっていることが一般的です。

がんも通常のがん保険と同様に特約開始から90日の待機期間がありますし、加入先によっては上皮内がんは対象外ということもあります。

日本人のかかりやすい疾病ではありますが、それぞれ支払い条件があるので診断確定したら必ずしも所定の状態に該当するわけではありません。

最近のニーズには合っているのでしょうがその分負担は増えるので、それが予算の中で見合うかというところが判断基準です。

住宅ローンで団信に加入したら既存の生命保険はどうする?

427762


団信に加入することで、これまで加入していた生命保険の保障が過剰になることがあります。

つまり万が一の住宅費用も考慮して必要保障額を計算していたら、団信に加入することでその部分が重複する可能性がでてきます。

契約内容にもよりますが、コスト削減の意味では覚えておくといいでしょう。

まとめ

人生の三大支出の一つである住宅ローンと団体信用生命保険(団信)いかがでしたか。一生に何度もないことだからこそ、じっくり検討してください。収入がほっといても上がっていった時代とは違います。

住宅ローンを精算して残された家族が安心して生活していくためにあるのが団信です。仕組みを知って上手に活用してください。

関連記事

LINEで送る
Pocket

\ SNSでシェアしよう! /

お金の専門家FPが運営するお金、保険、投資の情報メディア|マイライフマネーオンラインの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

お金の専門家FPが運営するお金、保険、投資の情報メディア|マイライフマネーオンラインの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

平野 敦之

平野 敦之

ひらの あつし
平野FP事務所代表。(CFP ®・1級FP技能士・宅地建物取引士)。東京都出身。大学卒業後に証券会社、損害保険会社等で実務を経験した後1998年に独立。FP歴18年。


・個人のお金の悩みやお困りごとのサポート。
・法人の経営者のお金の悩み、営業を支援。

TVやラジオ、新聞、雑誌など直近の10年間で200回以上の取材を受ける。同業であるファイナンシャルプランナーに対しても情報提供の執筆や講演を行う。

講演・セミナー活動も大学での非常勤講師や国民生活センターや行政機関、大手企業や団体など幅広い実績を持つ。総合情報サイトAll Aboutにて損害保険ガイドを務め、約13年に渡り定期的にマネー情報の発信を実施。その他の媒体も含めてWEB上での執筆記事は400本以上。

現場の相談を中心業務と考え活動を続ける。

【著書】いまから始める確定拠出年金投資(自由国民社)http://amzn.to/2csBEsM
    快適!マンションライフは保険で決まる(住宅新報社、共著)

この人が書いた記事  記事一覧

  • 公務員の個人型確定拠出年金(iDeCo)とは?加入手続きや限度額まとめ

  • 住宅ローン固定金利/35年の固定金利とは?はじめての固定金利の比較解説

  • 確定拠出年金の相談窓口はどこがおすすめ?相談前に知るべき5つのこと

  • 公正証書遺言/証人の責任や要件は?必要な費用・報酬・手数料・書類まとめ