1. TOP
  2. 備える(生命保険・損害保険)
  3. 備える(年金・介護)
  4. iDeCoハラスメント(イデハラ)の4つの対処法とは?

iDeCoハラスメント(イデハラ)の4つの対処法とは?

iDeCoハラスメント(イデハラ)の4つの対処方法とは?
Pocket

従業員がiDeCo(個人型の確定拠出年金)に加入することを邪魔する、拒否する事業主の対応を「iDeCoハラスメント(イデハラ)」といいます。

ハラスメントなので表立って色々情報がでているわけではありませんが、SNSやネットなどでも情報がでてきます。

事業主側の知識不足もあるようですが、iDeCoに加入したいのに事業主(企業側)が加入させたがらないなとということもでています。

【先にiDeCoハラスメントについて知っておきたいことの結論】

従業員のiDeCo加入について事業主側の協力は法定されています。

【この記事の主な内容とポイント】

  1. iDeCoハラスメント(イデハラ)とは何?
  2. イデハラを受ける可能性のある人は一部の会社員や公務員
  3. なぜiDeCoハラスメントが起こるのか?
  4. 社員がiDeCoの加入を希望した場合に会社が必ず対応することとは?
  5. iDeCoハラスメントされたときの対処方法と2022年の改正の動き

iDeCoハラスメントにの背景や対処方法などについてファイナンシャルプランナーがまとめます。記事の本文は次のページです。

Pocket

\ SNSでシェアしよう! /

お金の専門家FPが運営するお金、保険、投資の情報メディア|マイライフマネーオンラインの注目記事を受け取ろう

iDeCoハラスメント(イデハラ)の4つの対処方法とは?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

お金の専門家FPが運営するお金、保険、投資の情報メディア|マイライフマネーオンラインの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

平野 敦之

平野 敦之

ひらの あつし

平野FP事務所代表。(CFP ®・1級FP技能士・宅地建物取引士・2級DCプランナー・住宅ローンアドバイザー)。東京都出身。大学卒業後に証券会社、損害保険会社等で実務を経験した後1998年に独立。

・個人のライフプラン、お金の悩みやお困りごとのサポート。
・法人の経営者のお金の悩み、営業を支援。

ファイナンシャルプランナー歴20年以上。相談業務の他TVやラジオ、新聞、雑誌など直近の10年間で200回以上の取材を受ける。同業であるファイナンシャルプランナーに対しても情報提供の執筆や講演を行う。

講演・セミナー活動も大学での非常勤講師や国民生活センターや行政機関、大手企業や団体など幅広い実績を持つ。総合情報サイトAll Aboutにて2003年よりマネーガイドを務め、15年以上に渡り定期的にマネー情報の発信を実施。その他の媒体も含めてWEB上での執筆記事は600本以上。

「お金の当たり前を、当たり前に。」するために、現場の相談を中心業務と考え活動を続ける。

【著書】いまから始める確定拠出年金投資(自由国民社)http://amzn.to/2csBEsM
    
”ファイナンシャルプランナーに相談するには、、、”
http://ファイナンシャルプランナー相談.com

この人が書いた記事  記事一覧

  • 確定申告のやり方ガイド(2022)~個人でわからない人向けにタイプ別解説7選

  • 【準確定申告】相続発生による所得税の準確定申告と電子申告のポイント

  • 還付申告/確定申告で所得税の還付金を受ける期限と必要書類・やり方(2022)

  • マイナンバーカードと電子証明書の有効期限と更新手続きの方法