1. TOP
  2. 払う(税金・年末調整、確定申告)
  3. 基礎控除が48万円に改正(2020年)、所得税の基礎控除とは?を簡単に解説

基礎控除が48万円に改正(2020年)、所得税の基礎控除とは?を簡単に解説

基礎控除が48万円に改正(2020年)、所得税の基礎控除とは?を簡単に解説
Pocket

「基礎控除」は所得税の確定申告や年末調整で税金の計算をする際に、所得のあるほとんどの人に関係がある控除です。平成30年度税制改正により、現在所得税で38万円控除できますが見直しとなります。

14種類ある所得控除のベースともいえる基礎控除ですが、合計所得金額2,400万円・2,450万円・2,500万円のラインで細分化・改正されます(2020年1月以降)。

  1. 基礎控除とは?の基礎知識
  2. 基礎控除の所得税が38万円→48万円、住民税が33万円→43万円に改正、その内容
  3. 基礎控除と確定申告・年末調整、配偶者控除や給与所得控除などとの関係、今後考えること

この3つが記事のポイントです。所得税の基本となる基礎控除について、図を使ってわかりやすくまとめます。

Pocket

\ SNSでシェアしよう! /

お金の専門家FPが運営するお金、保険、投資の情報メディア|マイライフマネーオンラインの注目記事を受け取ろう

基礎控除が48万円に改正(2020年)、所得税の基礎控除とは?を簡単に解説

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

お金の専門家FPが運営するお金、保険、投資の情報メディア|マイライフマネーオンラインの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

平野 敦之

平野 敦之

ひらの あつし
平野FP事務所代表。(CFP ®・1級FP技能士・宅地建物取引士)。東京都出身。大学卒業後に証券会社、損害保険会社等で実務を経験した後1998年に独立。FP歴20年。



・個人のお金の悩みやお困りごとのサポート。
・法人の経営者のお金の悩み、営業を支援。

TVやラジオ、新聞、雑誌など直近の10年間で200回以上の取材を受ける。同業であるファイナンシャルプランナーに対しても情報提供の執筆や講演を行う。

講演・セミナー活動も大学での非常勤講師や国民生活センターや行政機関、大手企業や団体など幅広い実績を持つ。総合情報サイトAll Aboutにて損害保険ガイドを務め、約14年に渡り定期的にマネー情報の発信を実施。その他の媒体も含めてWEB上での執筆記事は550本以上。

現場の相談を中心業務と考え活動を続ける。

【著書】いまから始める確定拠出年金投資(自由国民社)http://amzn.to/2csBEsM
    
”ファイナンシャルプランナーに相談するには、、、”
http://ファイナンシャルプランナー相談.com

この人が書いた記事  記事一覧

  • 投資信託(ファンド)ノーロード型のおすすめの選び方とデメリット

  • 平均貯蓄額(最新2018年・家計調査)、年代別でいくら貯めてる?

  • 財形住宅融資のメリットと使い方!金利や非課税、フラット35との併用

  • 生命保険信託のメリット・デメリット、税金と使い方の事例