1. TOP
  2. 備える(生命保険・損害保険)
  3. ネット生命保険・医療保険のおすすめの比較方法とメリット・デメリット

ネット生命保険・医療保険のおすすめの比較方法とメリット・デメリット

Pocket

ネット生命保険の定義とは?

ネット生命保険とは?

ネット専業生保とは?

ネット生保とは、生命保険(定期保険や終身保険など)や医療保険、がん保険など対面ではなく、インターネットを経由して加入するものです。

もともとは「ネット専業生保」といわれたものがはじまりです。

あとでネット生保を一覧で紹介しますが、アクサダイレクト生命(開業当時はSBIアクサ生命保険)やライフネット生命が2008年にネット専業生保として開業しました。

現在ではこれらの2社も来店型の保険ショップと提携していたりすることもあるので、必ずしもネット専業ではありません(ネット中心ではあります)。

逆にこれまで対面販売を中心にしていた生命保険会社も何社かはネットで契約が完結する保険も作っているため、必ずしも対面のみでなくなっています。

インターネットで完結する加入と通信販売は異なる

この記事では、ネットで申込から契約完了まで完結する保険について書いていきます。実務的にはネットや電話で申込をして加入に必要な書類を郵送でやりとりして契約できるものもあります。

いわゆる通信販売ですが、ネットで契約が完結するわけではありません。

なかには対面で説明を受けるのは面倒だけど、パソコンやスマホが苦手という人もいるでしょうから、こうした方法もあるということは覚えておきてください。

インターネット加入できる対象の商品か?

ネット生保とはいうものの、生命保険会社によって少々スタンスが異なります。

ネットで契約が完結する商品を中心にしているケースもあれば、ネットで契約できる保険を部分的に取り扱っているケースもあります。

ネット契約できる保険を比較する際にはそもそもネット加入が可能なのか、ネットのみで契約が完結するのかというところからチェックしてください。

  • すべての保険商品がネットで加入できる
  • 一部の保険商品についてネットで加入できる
  • 一部の保険商品についてネットで申込をして手続きや郵送など

ネットで生命保険に加入するというものの上記の意味合いがあります。

ネット生命保険会社(ネット生保)の一覧

ネット生命保険会社(ネット生保)の一覧

ここではネットで契約が完結する保険商品(終身保険、定期保険、医療保険、がん保険、女性向けの保険等)について、どのような生命保険会社があるかみていきましょう。

【インターネットで加入できる生命保険・医療保険・がん保険、女性向けの保険を取り扱う会社(順不同)】

アクサダイレクト生命

SBI生命

FWD富士生命

オリックス生命保険

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命

チューリッヒ生命

東京海上日動あんしん生命

メットライフ生命

メディケア生命

ライフネット生命保険

楽天生命

これらがネットで契約できる生命保険商品(定期保険や終身保険、収入保障保険、医療保険、がん保険など)を取り扱っています。

もっとも生命保険会社によってネットに重点を入れているところは異なってきます。そこを続けてみていきましょう。

ネット生保だけど、ネットで契約が完結しないことがある?

ネット生保の落とし穴

これらの会社はネット完結が前提の商品を取り扱っています。先ほどお話したようにすべての取り扱い商品がネット完結契約でないことがあるので比較するときによくみてください。

生命保険会社のネット加入の仕組みによりますが、申込内容などによっては健康診断書のコピーなどを別途提出を求められることがあります。

こうしたものを郵送で求めるケースもあるので覚えておきましょう。これは健康状態によって変わるケースです。

健康診断書の写しなどはかなりの個人情報が掲載されています。ネットで提出を求めるものや郵送でやり取りを依頼するなど対応が異なるわけです。

他にもネットで申込は可能であるものの、その後については申込書などの必要書類を郵送でやりとりして契約するケースがあります。

こうした場合、ネットで契約が完結するものという前提で申し込むと思わぬ落とし穴になることがあります。逆に対面は嫌だけどスマホやパソコンは嫌という人には合っています。

ネットで契約が完結する生保でも、郵送も受け付けているケースがあるので保険契約の申込みから契約完了までの流れがどのようになっているか事前によく確認しておきましょう。

ネット生保の特徴、メリット・デメリット

ネット生保の特徴、メリット・デメリット

どちらかというとデメリットが気になる人が多いでしょうが、良し悪し両面で確認していきましょう。

メリット

  • 過剰な営業は受けることがない
  • 自分の自由なタイミングで契約することが可能
  • 一般的には掛金(保険料)は割安な水準なものが多い

デメリット

  • 自分で調べて、比較・選択する必要がある(手間がかかる)
  • 保障内容を読み間違えたり、うまく比較てきないこともある
  • ネット加入が必ずしも最安値かどうかは分からない

掛金(保険料)が安い、最安値はネット生保?

掛金(保険料)が安い、最安値はネット生保?

ネットで生命保険の加入を検討しているケースでは、掛金が安いことも期待してネットを使う人も多いでしょう。但し必ずしもネット加入が最安値(一般的には安い水準)とは限りません。

個別に見積もりを取っていけば分かることですが、加入条件を極力揃えて比較するようにしてください。

生命保険会社によって、コアなターゲットにしている年齢層、性別(男性・女性)などによって強い・弱いユーザー層が違います。

また例えば死亡保障なら死亡300万円では安くないけど、2,000万円なら安いなどのこともあります。

表示されているモデルケースに惑わされないようにして、自分のケースで個別に安いかどうかは判断してください。

ネット生命保険のおすすめの比較方法・選び方

ネット生命保険のおすすめの比較方法・選び方

生命保険等をネット加入する際、まずは見積もりなどを取って比較したり、ランキング情報などを参考にするケースが多いでしょう。その際のおすすめのポイントについてみていきましょう。

他にネットで情報を調べる場合、保険商品にコメントなどがあるときには主観的な意見が入っていることもあるので、そのあたりは差し引いて考えてください。

それではおすすめの比較方法や選び方についてお話します。

見積もりを取る条件を極力揃えること

実際に保障の細かい内容まで揃えることは難しいのですが、条件をそろえることをしておかないとそもそも比較になりません。

当然条件が合わないこともあるので、異なる部分はチェックして後は異なる保障と掛金の違いで判断するといいでしょう。

保障内容の細かい違いに注意する

別に同じようなものでしょ、と考える人も多いところですが、結構違うこともあります。例えば三大疾病などの保障。がん・脳卒中・急性心筋梗塞などをいいます。

急性心筋梗塞は心臓の疾病ですが、細かくいうと、狭心症や心不全、不整脈などその他心疾患に該当するものの方が数が多かったりします。

急性心筋梗塞だけだと実は対象範囲があまり広くありません。もちろん保障範囲が広くなれば高くなります。

これは一例ですし、対面でもこうしたものはあります。安いと思う場合は細かい保障の違いを確認するようにしてください。

そんな細かいこと分かるかといわれそうですが、ネットでの生命保険加入で自分で判断するとういのはそうことです。せっかくお金を支払うのですからじっくり調べて比較しましょう。

付帯サービスも比較してみる

いまの生命保険や医療保険、がん保険など多くの生命保険の商品には付帯サービスといわれるものがついています。ネットで加入したいから余計なものはいらん、と考える人も多いでしょうが意外と使えるサービスです。

医療相談や医師の紹介や手配などしてくれるものもあるので、実際に病気になった際の選択肢が増えます。

健康なときには気にしないことですが、ぜひ知っておいてください。

※こちらにご登録頂くと「Mylife Money Online」の記事だけでは読めないお得なお金の情報を定期的にお届けいたします。

まとめ

ネット生命保険・医療保険のおすすめの比較方法とメリット・デメリット、についていかがでしたか。

スマホで生命保険や医療保険に加入できるようになるとは時代も変わりましたが、便利な反面デメリットや落とし穴ともいえることもあります。

自由に気軽にネット加入できる分、自分で比較して判断するところが求められます。

サービス内容はもう少し拡充していくことを期待していますが、関連記事にあるように保険のロボットアドバイザーも2018年に登場してきています。

便利なツールも増えていますし、保険の情報も取得しやすくなっていますから、お得に安く生命保険の加入をするための選択肢の一つとしてネット生命保険の利用も覚えておきましょう。

関連記事

Pocket

\ SNSでシェアしよう! /

お金の専門家FPが運営するお金、保険、投資の情報メディア|マイライフマネーオンラインの注目記事を受け取ろう

ネット生命保険・医療保険のおすすめの比較方法とメリット・デメリット

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

お金の専門家FPが運営するお金、保険、投資の情報メディア|マイライフマネーオンラインの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

平野 敦之

平野 敦之

ひらの あつし
平野FP事務所代表。(CFP ®・1級FP技能士・宅地建物取引士)。東京都出身。大学卒業後に証券会社、損害保険会社等で実務を経験した後1998年に独立。FP歴20年。



・個人のお金の悩みやお困りごとのサポート。
・法人の経営者のお金の悩み、営業を支援。

TVやラジオ、新聞、雑誌など直近の10年間で200回以上の取材を受ける。同業であるファイナンシャルプランナーに対しても情報提供の執筆や講演を行う。

講演・セミナー活動も大学での非常勤講師や国民生活センターや行政機関、大手企業や団体など幅広い実績を持つ。総合情報サイトAll Aboutにて損害保険ガイドを務め、約14年に渡り定期的にマネー情報の発信を実施。その他の媒体も含めてWEB上での執筆記事は550本以上。

現場の相談を中心業務と考え活動を続ける。

【著書】いまから始める確定拠出年金投資(自由国民社)http://amzn.to/2csBEsM
    
”ファイナンシャルプランナーに相談するには、、、”
http://ファイナンシャルプランナー相談.com

この人が書いた記事  記事一覧

  • ネット火災保険・地震保険/インターネット申し込みと契約、加入のポイント

  • 個人事業主・フリーランス・自営業の確定申告/やり方~経費、必要書類まで

  • 火災保険と地震保険の税金(確定申告・年末調整)と保険金の超基本

  • 確定申告と寄付金控除/対象と限度額・計算、ふるさと納税のポイント2019